G2 Studios株式会社

ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をミッションに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!

G2 Studios株式会社

ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をミッションに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!

ウィジェット

マガジン

  • G2×内定者

    22卒の内定者インタビューをまとめました。

  • G2×RECRUIT

    • 66本

    採用イベントのレポートや、採用・研修担当からのメッセージを紹介します。

  • G2×CREATIVE

    新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。

  • G2×CULTURE

    G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。

  • G2×MEMBER

    G2 Studiosで働くメンバーの想いなど、様々な職種の個性あふれる仲間を紹介します。

G2×内定者

22卒の内定者インタビューをまとめました。

すべて見る
  • 18本

23卒内定者インタビュー/UIデザイナー/ゲームの魅力を引き出すUIデザイナーになりたい

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2023年4月入社予定のデザイナー内定者をご紹介します! 自己表現をするアーティストではなく 課題解決をするデザイナーでありたいーUIデザイナーを目指したきっかけを教えてください。 小さい頃から外で遊ぶことより、室内で絵を描くのが好きな子どもでした。高校もデザイン科のある工業高校を選び、大好きな絵を描くことを続けました。それまで絵画コンクールで入賞したりもしていましたが、デザイン科にはやはり猛者が集まっていて、力の差

スキ
11

23卒内定者インタビュー/2Dアニメーター/キャラクターの魅力や個性を最大限引き出せるアニメーターを目指して

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2023年4月入社予定の2Dアニメーター内定者をご紹介します! 動かすことでキャラクターをより魅力的に モーションツールは独学で習得ー2Dアニメーターを目指したきっかけを教えてください。 イラストを描くことが好きだったので、物心ついた頃から漠然とそういうことを仕事にしたいと思っていました。幼稚園の頃は、たまごっちが流行っており、その世界を想像して描いていましたね。イラストを描くことで、想像が目に見える形になるのが嬉し

スキ
14

G2 Studiosの内定者の熱い想いをご紹介します!/23卒内定式レポート

ギークスグループでは、10月7日(金)に、23卒の内定式を実施しました。 来年4月からギークスグループの一員として迎えることを祝福したい、同期と顔を合わせてお互いの人柄を知る機会をつくりたいという2つの想いから、感染症対策をとりながら会場に集合する形で開催しました。 今回は、G2 Studiosの内定者にスポットライトを当て、ご紹介します! 内定者による自己紹介プレゼン最初に出席役員の紹介があり、内定者代表が内定証書を受け取りました。 ▼G2 Studios代表として社

スキ
16

23卒内定者インタビュー/3Dキャラモデラ―/G2 Studiosで3DCGの新しい表現に挑戦したい

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2023年4月入社予定の3Dキャラモデラーの内定者をご紹介します! ゲームも絵を描くのも大好き 高校時代には挫折も味わったーゲーム業界を選んだ背景を教えてください。 幼い頃からゲームが好きでした。兄弟がおりその影響かもしれません。色々なジャンルをプレイしますが、特にアクションやオープンワールドで探索をするようなゲームが好きです。また、絵を描くことも好きで、美術部や漫画研究部などに所属して絵を描いていました。そのため、

スキ
28

G2×RECRUIT

採用イベントのレポートや、採用・研修担当からのメッセージを紹介します。

すべて見る
  • 66本

1か月のインターンシップで大きく成長!HALインターン生インタビュー2022

G2 Studiosでは毎年10月に、専門学校HALの学生を受け入れ、1か月間のインターンシップを実施しています。リモート中心に進めていますが、インターンシップの初日と最終日はご来社いただき、オフィスや働くメンバーの雰囲気を感じてもらうことができました。 昨年まではエンジニアのみの受け入れでしたが、今年は初めてプランナー、デザイナーの学生も受け入れ、人数も6名と過去最大となりました。 1か月のカリキュラムフィードバック・サポート※初日と最終日以外は、ビデオ会議ツールを終日

スキ
7

G2 Studiosの内定者の熱い想いをご紹介します!/23卒内定式レポート

ギークスグループでは、10月7日(金)に、23卒の内定式を実施しました。 来年4月からギークスグループの一員として迎えることを祝福したい、同期と顔を合わせてお互いの人柄を知る機会をつくりたいという2つの想いから、感染症対策をとりながら会場に集合する形で開催しました。 今回は、G2 Studiosの内定者にスポットライトを当て、ご紹介します! 内定者による自己紹介プレゼン最初に出席役員の紹介があり、内定者代表が内定証書を受け取りました。 ▼G2 Studios代表として社

スキ
16

ゲーム会社6社が集結!各社の実態を語り尽くす〜「憧れを仕事に!ゲーム業界6社合同オンラインセミナー」レポート

こんにちは、G2 Studios 広報チームです! 2022年8月5日(金)、ゲーム事業を展開するG2 Studios株式会社、株式会社f4samurai、ソレイユ株式会社、株式会社DONUTS、株式会社ドリコム、ワンダープラネット株式会社による6社合同オンライン就活イベント「憧れを仕事に!ゲーム業界6社合同オンラインセミナー」を開催しました。 本イベントでは、各社採用担当がトークセッション形式で特徴を伝え、プランナー、デザイナー、エンジニアとして活躍する社員も質疑応答に

スキ
28

23卒内定者インタビュー/エンジニア/作りたいゲームのために、貪欲に新しい技術を学ぶ

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2023年4月入社予定のエンジニア内定者をご紹介します! 幼少期に感じたワクワクした気持ち 大好きだったゲームを作る側になりたいーゲーム業界を選んだ理由を教えてください。 小さな頃からゲームが大好きでした。特にアクションゲームが好きで、よく友人と遊んでいました。対人モードのあるゲームには「無限の生産性」があり、夢がある世界だと感じています。相手がコンピューターでない分、遊び方も無限にありますし、攻略の仕方も常に変わ

スキ
22

G2×CREATIVE

新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。

すべて見る
  • 43本

Adobe MAX 2022レポート/一部の新機能の検証含む

こんにちは! UIデザインを軸に研究開発を行っているデザイナーのHayatoです。 デザインに携わるようになり早20年。雑誌やweb、広告などのデザインを経験し、10年前からゲーム業界でUIデザイナーとして勤めてまいりました。2022年の4月から研究開発のチームに異動し、xR領域やメタバース、ゲームUIについての研究を進めています。 今回は先日開催されたAdobe MAXの内容をお届けしたいと思います。 やってまいりましたAdobe MAX! リモートワーク化が進む昨今

スキ
22

第6回/ランダム再生させてみる

こんにちは。 G2 Studios サウンドチームのサキサキです。 今回は、皆さんお待ちかね「ランダム再生」についてご紹介します。 単にランダム再生と言えど、CRI Atom Craftにはいくつかのランダム再生機構があります。 本記事は、その中の一つである「シーケンスタイプ」に分類されるものについて焦点を当てたいと思います。 ■作業環境本記事は以下の環境下での作業内容を記載します。 ■シーケンスタイプとは「シーケンスタイプ」はキューに内包されたトラックの再生方式を指して

スキ
14

Midjourney(ミッドジャーニー)の始め方/AI 作画 画像生成

こんにちは! 毎日3歳児の難儀な質問に答えている、G2 Studios デザイナーのHayatoです! 8月初頭からAIの作画サービスがSNSなどで話題となっていますね。 中でも代表的なものがMidjourney(ミッドジャーニー)です。 Midjourneyのとてもユニークな点はDiscord上でオープンに生成しているところです。 他のユーザーがどんなキーワードで作っているか、リアルタイムで確認できます。 それをヒントに、自分で作成したいイマジネーションに取り入れていく事

スキ
57

インテリアマッピングの作成検証をしてみました(interior mapping)

  3Dグループリーダーの富田です。 今回はグループ内でインテリアマッピングの作成検証をしてみましたので簡単にご紹介します。   インテリアマッピングとは、板ポリなど平面に対して、奥行きのある描画を再現するアルゴリズムです。   ▼参考記事 2018年の『Marvel’s Spider-Man』などではすでに採用されている技術なので、それほど新しいものでもありません(2022年8月現在)。ビルの中の窓ガラスから奥に見える部屋の再現などでよく使われます。 以前はゲーム中のビル

スキ
28

G2×CULTURE

G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。

すべて見る
  • 63本

G2 Studiosの「G2」って…?社名やロゴに込められた想い

こんにちは!G2 Studios広報チームです。 今回は、G2 Studiosの各種「由来」について改めてまとめました! それぞれに込められた想いが伝われば嬉しいです。 「G2 Studios」社名に込められた想いG2 Studiosは、ギークス株式会社のゲーム事業として2012年にスタートしました。その後、より驚きや楽しさを追及したハイクオリティなゲーム創りを目指していくにあたり、2018年5月、ブランディングを明確にし、機動力を高める目的からG2 Studiosを設立

スキ
15

G2 Studios/ミッション・ビジョン・バリューに込められた想い

こんにちは。G2 Studios 広報チームです! この記事では、ビジョン・バリューの策定プロセスと共に、ミッション・ビジョン・バリューに込められた想いをお伝えします。 G2 Studiosがどんな想いをもってゲーム開発をしているのかを、これを機会に少しでも知っていただけたら嬉しいです。 ミッション「アソビ創造集団。」G2 Studiosには「アソビ創造集団。」という、2018年5月の設立時に掲げたミッションがあります。メンバー一人ひとりがゲーム創りに熱狂することで、ユ

スキ
10

G2 Studiosの内定者の熱い想いをご紹介します!/23卒内定式レポート

ギークスグループでは、10月7日(金)に、23卒の内定式を実施しました。 来年4月からギークスグループの一員として迎えることを祝福したい、同期と顔を合わせてお互いの人柄を知る機会をつくりたいという2つの想いから、感染症対策をとりながら会場に集合する形で開催しました。 今回は、G2 Studiosの内定者にスポットライトを当て、ご紹介します! 内定者による自己紹介プレゼン最初に出席役員の紹介があり、内定者代表が内定証書を受け取りました。 ▼G2 Studios代表として社

スキ
16

【社内座談会レポート】コミュニケーションで大事にしていること

こんにちは、G2 Studios広報チームです! 2022年8月、「コミュニケーションで大事にしていること」をテーマに座談会が実施されました。今回は、そのレポートとして開催の背景や当日の様子、社員の感想をご紹介します! 開催の背景出社とリモートワークを柔軟に使い分ける働き方が定着したことで、「対面・オンライン」「画面越し・声のみ・文字のみ」など、コミュニケーションの形は大きく変化しています。 6月下旬に実施された社員アンケートでは、 といったコミュニケーションに課題を感

スキ
18

G2×MEMBER

G2 Studiosで働くメンバーの想いなど、様々な職種の個性あふれる仲間を紹介します。

すべて見る
  • 50本

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<後編>

ギークスグループでは、半期に1度「ギークスアワード」が行われます。 ギークスアワードでは「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」「行動指針」を実践するなど、その半期で特に活躍したメンバーに贈られるBuddy賞、プロジェクト賞の表彰が行われます。 ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら ▼G2 Studiosの行動指針はこちら 今回は、2022年度上期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者10名に、受賞の想いについてインタ

スキ
14

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<中編>

ギークスグループでは、半期に1度「ギークスアワード」が行われます。 ギークスアワードでは「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」「行動指針」を実践するなど、その半期で特に活躍したメンバーに贈られるBuddy賞、プロジェクト賞の表彰が行われます。 ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら ▼G2 Studiosの行動指針はこちら 今回は、2022年度上期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者10名に、受賞の想いについてインタ

スキ
11

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<前編>

ギークスグループでは、半期に1度「ギークスアワード」が行われます。 ギークスアワードでは「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」「行動指針」を実践するなど、その半期で特に活躍したメンバーに贈られるBuddy賞、プロジェクト賞の表彰が行われます。 ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら ▼G2 Studiosの行動指針はこちら 今回は、2022年度上期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者10名に、受賞の想いについてインタ

スキ
13

G2 Studiosに転職して5か月!3D背景モデラーのこれまでの経歴と入社した感想

今回は、2022年4月に入社した3D背景モデラーにインタビューし、これまでの経歴やG2 Studiosに入社した感想を聞きました! 創作された世界を自分で歩き回ることができる 深い没入感を生み出すこの仕事が大好き ーこれまでのキャリアを教えてください。   私が3DCGの道に入ったのは専門学校の時です。入学までは2Dへの意識が強かったのですが、授業で3Dについて学び、好きになっていきました。3Dのゲームは、創作された世界を自分で歩き回ることができます。それが深い没入感を生

スキ
17