G2 Studios株式会社

ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteで…

G2 Studios株式会社

ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をミッションに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!

マガジン

  • G2×CULTURE

    G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。

  • G2×MEMBER

    G2 Studiosで働くメンバーの想いなど、様々な職種の個性あふれる仲間を紹介します。

  • G2×RECRUIT

    • 93本

    採用イベントのレポートや、採用・研修担当からのメッセージを紹介します。

  • G2×内定者

    内定者インタビューをまとめました。

  • G2×CREATIVE

    新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。

G2×MEMBER

G2 Studiosで働くメンバーの想いなど、様々な職種の個性あふれる仲間を紹介します。

くわしく見る
  • 74本

【2023年度Best of Buddy賞受賞者インタビュー】正解を模索しながら、リーダーとして走り切った1年間

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現

スキ
6

2023下半期Buddy賞受賞者インタビュー③

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現し

スキ
6

2023下半期Buddy賞受賞者インタビュー②

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現し

スキ
6

2023下半期Buddy賞受賞者インタビュー①

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現し

スキ
9

G2×CULTURE

G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。

くわしく見る
  • 126本

【2023年度Best of Buddy賞受賞者インタビュー】正解を模索しながら、リーダーとして走り切った1年間

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現

スキ
6

2023下半期Buddy賞受賞者インタビュー③

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現し

スキ
6

2023下半期Buddy賞受賞者インタビュー②

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現し

スキ
6

2023下半期Buddy賞受賞者インタビュー①

G2 Studiosでは、半期に1度「G2 AWARD」が行われます。 このアワードでは、半期で特に活躍したメンバー10名にBuddy賞を授与しています。Buddy賞は、2023年度G2 Studiosの「行動指針」である「アソビ創造集団として、ユーザーの心を奮わせる”アソビ”の創造をすること」「ファンが、どう考え、どう感じるか、徹底的に思いを馳せ、突き詰め、考動すること」「ユーザーにワクワクや喜びを提供し続けていくために、全力で挑戦・変化・成長することを楽しむこと」を体現し

スキ
9

G2×内定者

内定者インタビューをまとめました。

くわしく見る
  • 28本

25卒内定者インタビュー/エンジニア/コミュニケーションをしっかりと取り、周りを引っ張っていける存在に!

G2 Studiosでは新卒採用をおこなっています。 今回は2025年4月入社予定のエンジニア内定者をご紹介します! 野球とゲームに夢中だった幼少期父親の影響で幼い時からゲームが身近にありました。また、同じく父親の影響で、小学生の頃から高校時代まで野球に明け暮れていました。野球の試合が土日に多かったこともあり、ほとんど野球かゲームの2択で子供時代を過ごしていました。 対戦ゲームや収集要素の強いゲームを好んでおこなっていましたが、様々なキャラクターを自分の思い通りに動かせるこ

スキ
10

24卒内定者インタビュー/プランナー/携わるゲームと仲間の良さを最大限に引き出したい!

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2024年4月入社予定のプランナー内定者をご紹介します! 創作活動に夢中になって取り組んだ幼少期子供の頃からゲームがとても身近な存在でした。両親や兄もゲームが大好きだったので、家族でゲームを楽しんでいました。もともと絵を描いたり、ストーリーを考えたり、手を動かして何か作ったりする創作活動が大好きだった私は、ゲームの設定やキャラクターを考えたりすることも多く、「将来はゲームクリエイターになりたい」と考えていました。 高

スキ
16

G2 Studios内定者の熱い想いをご紹介!~24卒内定式レポート~

G2 Studiosでは、10月11日(水)に、24卒の内定式を実施しました。 今回も「来年4月からG2 Studiosの一員として迎えることを祝福したい」「同期と顔を合わせてお互いの人柄を知る機会をつくりたい」という2つの想いをもって開催しました。 最初に出席した役員と内定者の紹介があり、内定者代表としてR.Sが内定証書を受け取りました。 その後内定者一人ひとりから、キャッチコピーを使った自己紹介をしてもらいました。 エンジニアK.O私のキャッチコピーは「いつだって

スキ
12

24卒内定者インタビュー/エンジニア/プログラムを書くのが好き。ゲーム作りに集中できる環境へ

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2024年4月入社予定のエンジニア内定者をご紹介します! ▼オンラインでお話を聞きました スポーツもゲームも 勝利を目指して戦略を立てる面白さ 私は小さい頃から活発な性格で、毎日思いっきり遊んでいました。小学生の時は、授業が終わり休み時間になると同時にグラウンドに駆け出して、友人とサッカーやドッジボールを楽しみ、器械体操や水泳にも通っていました。中学生の時はバレー部、高校の時は陸上部に所属しました。ゲームももちろん

スキ
20

G2×RECRUIT

採用イベントのレポートや、採用・研修担当からのメッセージを紹介します。

くわしく見る
  • 93本

25卒内定者インタビュー/エンジニア/コミュニケーションをしっかりと取り、周りを引っ張っていける存在に!

G2 Studiosでは新卒採用をおこなっています。 今回は2025年4月入社予定のエンジニア内定者をご紹介します! 野球とゲームに夢中だった幼少期父親の影響で幼い時からゲームが身近にありました。また、同じく父親の影響で、小学生の頃から高校時代まで野球に明け暮れていました。野球の試合が土日に多かったこともあり、ほとんど野球かゲームの2択で子供時代を過ごしていました。 対戦ゲームや収集要素の強いゲームを好んでおこなっていましたが、様々なキャラクターを自分の思い通りに動かせるこ

スキ
10

就活生必見!ゲーム会社就活クエスト攻略セミナー実施レポート

こんにちは!G2 Studios広報チームです。 G2 Studiosでは、2024年1月中旬より会社説明会を実施します。また、エンジニア・プランナー向け作品講評会を2月に実施予定です。 ご興味をお持ちいただけましたら、是非会社説明会や作品講評会へお越しください! 本記事では「G2 Studiosの就活イベントではどんなことをしているか」をイメージしていただくために、2023年11月29日に開催された就活イベント「ゲーム会社就活クエスト攻略セミナー」のレポートをご紹介し

スキ
28

G2 Studiosの2023年を振り返る~note発信記事まとめ~

2023年ももうすぐ終わります。 この1年間でG2 Studiosが公開したnoteは64本。 G2 Studiosのことをもっともっと知っていただきたいという想いのもと、様々な角度から情報をお届けしてきました。 今回は2023年のまとめとして、 【creative】技術関連 【culture】社風や制度 【recruit】採用や研修 の3分野から、人気記事をいくつかご紹介します。 【creative】技術関連AIの力を借りて美しくデザイン!「にじジャーニー」の画像を基に

スキ
13

中途入社者インタビュー/映像ディレクターのこれまでの経歴と入社して感じたこと

2023年4月に中途入社した映像ディレクターにインタビューし、これまでの経歴やG2 Studiosに入社した感想を聞きました! ーこれまでのキャリアについて 大学時代に韓国から日本の大学に編入学し、卒業後はホテル業界に就職しました。 入社直後はフロント業務を主に行い、3年目には新しいホテルのオープンメンバーに抜擢され、副支配人としてホテルの立ち上げから人材マネジメントや施設管理、経理などホテル全体の管理を経験しました。 新しいホテルのオープンはすべてがゼロからのスタートで

スキ
15

G2×CREATIVE

新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。

くわしく見る
  • 82本

企画書や資料で伝える時に気をつけていること

はじめまして。G2 Studiosに所属している南涛と申します。 今回、「企画書」や「資料」づくりに役立つ情報を、noteに寄稿させていただくことになりました。 相手へ伝えることを主題とし、はじめてゲームの企画書に挑戦される方や、今現在資料を作成されている方の中で、もっと資料を見やすくしたい方などに向けて、少しでも役に立つ情報をお届けできれば幸いです。 ー今回noteへ寄稿するに至った経緯 G2 Studiosに入社するまでに様々なゲーム会社にお世話になったのですが、こ

スキ
12

データ分析~「設計の仕方」について~

はじめにこんにちは! G2 Studios データアナリストの新井です。 今回は、データ分析をおこなうための「設計方法」についての問題設定から集計に焦点を当てご説明します。 前回同様、社内勉強会で利用した資料を一部抜粋して説明します。 数学など学術的なものはなく、誰でも分かるよう嚙み砕いた内容になっているかと思いますので、ぜひ最後までお付き合いください。 ▼前回のデータ分析の「手法と解釈」の記事も、是非ご覧ください。 問題設定についてデータ分析は問題解決をおこなうため

スキ
7

Z曲線での空間充填とモートンオーダーについて

はじめに今回ご紹介するZ曲線は、Z字状に分割した空間に順序をつけていく方法で、モートンオーダーはZ曲線を入れ子状に行なった場合の順序の振り方のことです。これらは、空間内の対象の検索や、衝突判定を効率的に行う為の手法の一つです。 Unityなどでアクションゲームを作成している方の中には、なんとなくコリジョンによる衝突判定やバウンスによるIN/OUTの判定をおこなっている方もいらっしゃると思いますが、これらの背景にある(空間充填方法は他にもあるのでこれだけという訳ではない)内容

スキ
7

【簡単な数学の応用】特定確率分布に従う乱数の生成について

こんにちは。G2 Studios xRディビジョンの泉です。 はじめにゲーム内でのNPC動作や環境データの自動生成などに、乱数を用いることは一般的に行われると思います。 この乱数を一様な乱数といい、横を何らかの値、縦をその出現確率とすると、下図のようになります。確率分布上で、同じ確率のものしか返さない状態です。 例えば、サイコロ振った分布は⅙、⅙…で全て同じになります。 ですが、自然な状態というのは単純な乱数ではありません。 学校や新聞、テレビなどで出てきたことがあるのを

スキ
20