G2 Studios株式会社

ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をミッションに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!

G2 Studios株式会社

ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をミッションに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!

ウィジェット

マガジン

  • G2×CREATIVE

    新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。

  • G2×SOUND

    サウンド関連のnoteをまとめたマガジンです。

  • G2×CULTURE

    G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。

  • G2×RECRUIT

    • 67本

    採用イベントのレポートや、採用・研修担当からのメッセージを紹介します。

  • G2×内定者

    22卒の内定者インタビューをまとめました。

最近の記事

第8回/バウンス機能を使ってみる

こんにちは。 G2 Studios サウンドチームのサキサキです。 CRI Atom Craft についてのnote連載を始めてから約2年、今回で記念すべき10回目の投稿となりました!パチパチ では、記念投稿なのでスペシャルな機能を! と言いたいところではありますが、やはりここは実務ベースでいきたいと思います(笑) よくある「初級・中級・上級」というような区切りではない実務ベースでの機能紹介、これがこの連載の特徴です。 ▼これまでの連載はマガジンにまとめてあります

    • Spineで犬のモーションをつくる/動物の歩行アニメーション解説

      ▼はじめにこんにちは。2DモーションデザイナーのY.Yです。 今回は犬のモーションの制作方法について、イラストの調整段階からモーションをつくるまでを解説したいと思います。 四足歩行の動物は骨格や足の運び方が人間とは異なるので、特徴を捉えながら組み立てていく必要があります。 動物のアニメーションを製作しようと思ってる方の参考になれば幸いです! 今回使用するSpineのバージョンは4.0.27になります。 ▼完成形今回の記事ではドーベルマンのイラストを使って、歩くモーション

      • Spineを活用して差分なし・メッシュの直接変形なしで瞬きを作ってみた!/クリッピングマスクを使用した目パチ

        ▼はじめにはじめまして!G2 Studios2019年新卒入社のモーションデザイナーのG.Mです。 私はこれまでSDキャラクターのモーションや、スチルモーションの作成を担当してきました。 今回は差分なし・メッシュの直接変形なしで瞬きを作ってみたということで、クリッピングマスクを使用し瞬きをさせる手法について解説していきます。滑らかに瞬きさせたい、クリッピングマスクの使用方法を知りたいという方は是非ご覧ください! ▼今回作成する瞬き 今回はこちらでも紹介したキャラの目を瞬

      • 2023年は「魁」ーG2 Studios代表桜井が書初めに込めた想い

        あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 ギークスグループでは毎年恒例の新年イベントとして「書初め」を行います。今年も経営陣をはじめ、多くのメンバーが「2023年の意気込みを表す漢字」を書きました。 今回は、G2 Studiosの代表の桜井が選んだ一文字と、今年の抱負についてお伝えします。 桜井が選んだ漢字とそれに込めた想いあけましておめでとうございます。今年の漢字は「魁」にしました。「さきがけ」や「かい」と読みますが、先陣を切っていくという想い

      マガジン

      マガジンをすべて見る すべて見る
      • G2×CREATIVE
        G2 Studios株式会社
      • G2×SOUND
        G2 Studios株式会社
      • G2×CULTURE
        G2 Studios株式会社
      • G2×RECRUIT
        G2 Studios株式会社 他
      • G2×内定者
        G2 Studios株式会社
      • G2×MEMBER
        G2 Studios株式会社

      記事

      記事をすべて見る すべて見る

        G2 Studiosの社風や制度、採用、研修について、2022年の発信記事をまとめてみました

        2022年もまもなく終わろうとしています。 この1年間でG2 Studiosが公開したnoteは54本。G2 Studiosのことをもっともっと知っていただきたいという想いで、様々な角度から情報をお届けしてまいりました。 今回は2022年のまとめとして、 ■creative……技術関連 ■culture……社風や制度 ■recruit……採用や研修 の3分野から、人気記事を中心にご紹介します。 ■creativeMidjourney(ミッドジャーニー)の始め方/AI 作

        Midjourney(ミッドジャーニー)バージョン4/AI 作画 画像生成

        こんにちは!G2 Studios デザイナーのHayatoです! Midjourney入門編はこちら▼ 2022年11月5日からMidjourneyがバージョン4にアップグレードされました。Discord上の見た目は全く変わりませんが、セッティングで「MJ version 4」を選択すると生成結果が段違いに良くなっていることに気がつくはずです。 キャラクターの生成早速、何か生成してみます。 個人的にアヌビス神をモチーフにしたキャラクターが好きなので、それを中心にプロンプ

        UIデザイナー向けインターンレポート/~現在は、冬インターン生も募集中!~

        G2 Studiosではゲーム業界を目指す学生に向けて、毎年インターンシップを実施しています。今回は夏に行われたデザイナー向け1dayインターンの概要と参加者の感想をご紹介します! ▼現在は、冬インターンの募集を受付中です! ※夏インターン(上級編)を3daysにバージョンアップして開催します! デザイナーインターンシップ概要2022年の夏に実施した1dayインターンは、初級編・上級編の2種類をオンラインにて実施し、初級編には約190名、上級編には7名が参加しました。

        第7回/シーケンススタート&エンドを設定する

        こんにちは。 G2 Studios サウンドチームのサキサキです。 Atom Craftの解説も早いもので第7回となりました。 連載するにも順序が大切。 記事の完成間近になって「あ!手前であの機能を説明しておけば良かった!」と気づいた時の衝撃(=やってしまった感)は何度経験しても慣れません…。 シリーズが終わるまで、順を追って丁寧に記事を作成しなければ!と気を引き締めているところです。 そんな中、今回は「シーケンススタート」「シーケンスエンド」と呼ばれる機能をご紹介いたしま

        エンジニア向け5daysインターンレポート/仲間とゲーム開発に没頭する充実の5日間!

        G2 Studiosではゲーム業界を目指す学生に向けて、毎年インターンシップを実施しています。今回は夏に行われたエンジニア向け5daysインターンの概要と参加者の感想をご紹介します! ▼現在は、冬インターンの募集を受付中です! ※冬インターンは1dayです。 エンジニアインターンシップ概要2022年の5daysインターンは、事前に選考を行い、13名を受け入れました。インターン生は3チームに分かれ、社員のサポートを受けながらUnityやgitを使ったゲーム開発を行いました

        1か月のインターンシップで大きく成長!HALインターン生インタビュー2022

        G2 Studiosでは毎年10月に、専門学校HALの学生を受け入れ、1か月間のインターンシップを実施しています。リモート中心に進めていますが、インターンシップの初日と最終日はご来社いただき、オフィスや働くメンバーの雰囲気を感じてもらうことができました。 昨年まではエンジニアのみの受け入れでしたが、今年は初めてプランナー、デザイナーの学生も受け入れ、人数も6名と過去最大となりました。 1か月のカリキュラムフィードバック・サポート※初日と最終日以外は、ビデオ会議ツールを終日

        23卒内定者インタビュー/UIデザイナー/ゲームの魅力を引き出すUIデザイナーになりたい

        G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2023年4月入社予定のデザイナー内定者をご紹介します! 自己表現をするアーティストではなく 課題解決をするデザイナーでありたいーUIデザイナーを目指したきっかけを教えてください。 小さい頃から外で遊ぶことより、室内で絵を描くのが好きな子どもでした。高校もデザイン科のある工業高校を選び、大好きな絵を描くことを続けました。それまで絵画コンクールで入賞したりもしていましたが、デザイン科にはやはり猛者が集まっていて、力の差

        Adobe MAX 2022レポート/一部の新機能の検証含む

        こんにちは! UIデザインを軸に研究開発を行っているデザイナーのHayatoです。 デザインに携わるようになり早20年。雑誌やweb、広告などのデザインを経験し、10年前からゲーム業界でUIデザイナーとして勤めてまいりました。2022年の4月から研究開発のチームに異動し、xR領域やメタバース、ゲームUIについての研究を進めています。 今回は先日開催されたAdobe MAXの内容をお届けしたいと思います。 やってまいりましたAdobe MAX! リモートワーク化が進む昨今

        G2 Studiosの「G2」って…?社名やロゴに込められた想い

        こんにちは!G2 Studios広報チームです。 今回は、G2 Studiosの各種「由来」について改めてまとめました! それぞれに込められた想いが伝われば嬉しいです。 「G2 Studios」社名に込められた想いG2 Studiosは、ギークス株式会社のゲーム事業として2012年にスタートしました。その後、より驚きや楽しさを追及したハイクオリティなゲーム創りを目指していくにあたり、2018年5月、ブランディングを明確にし、機動力を高める目的からG2 Studiosを設立

        G2 Studios/ミッション・ビジョン・バリューに込められた想い

        こんにちは。G2 Studios 広報チームです! この記事では、ビジョン・バリューの策定プロセスと共に、ミッション・ビジョン・バリューに込められた想いをお伝えします。 G2 Studiosがどんな想いをもってゲーム開発をしているのかを、これを機会に少しでも知っていただけたら嬉しいです。 ミッション「アソビ創造集団。」G2 Studiosには「アソビ創造集団。」という、2018年5月の設立時に掲げたミッションがあります。メンバー一人ひとりがゲーム創りに熱狂することで、ユ

        23卒内定者インタビュー/2Dアニメーター/キャラクターの魅力や個性を最大限引き出せるアニメーターを目指して

        G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2023年4月入社予定の2Dアニメーター内定者をご紹介します! 動かすことでキャラクターをより魅力的に モーションツールは独学で習得ー2Dアニメーターを目指したきっかけを教えてください。 イラストを描くことが好きだったので、物心ついた頃から漠然とそういうことを仕事にしたいと思っていました。幼稚園の頃は、たまごっちが流行っており、その世界を想像して描いていましたね。イラストを描くことで、想像が目に見える形になるのが嬉し

        Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<後編>

        ギークスグループでは、半期に1度「ギークスアワード」が行われます。 ギークスアワードでは「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」「行動指針」を実践するなど、その半期で特に活躍したメンバーに贈られるBuddy賞、プロジェクト賞の表彰が行われます。 ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら ▼G2 Studiosの行動指針はこちら 今回は、2022年度上期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者10名に、受賞の想いについてインタ