マガジンのカバー画像

G2×CREATIVE

32
新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。
運営しているクリエイター

Spiners MeetUp vol.5 UnityでのSpine実装方法 〜前…

「Spiners MeetUp」とは、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し…

Spineでキャライラストを動かす/解説とデータ公開!~Spiners Meet…

「Spiners MeetUp」とは、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し…

API実装でPostmanが便利

はじめにこんにちは!G2 Studios サーバーエンジニアのL.Yです。 今回は、ゲームのAPI開発に…

Unityを利用したスマホゲーム開発のアプリ内課金システムに単体テストを導入した…

はじめに はじめまして!G2 StudiosのクライアントエンジニアのS.Nです。 本記事では、Unityを…

「Spiners MeetUp」初級者向け解説を前提にSpine×Unityのデ…

「Spiners MeetUp」とは、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し…

CRI HAPTIX で振動パターンを設定する/番外編

こんにちは。 G2 Studios アートチーム サウンド設計担当のサキサキです。 今回はこれまでと少…

Spineを活用して2.5Dキャラを作ろう!(後編)

▼はじめにこんにちは!今回は前回に引き続き、Spineでキャラクターを立体的に動かすための方法を解説しますので、是非ご覧ください! ↓前編(STEP 1・2)はこちら ▼STEP 3:向き制御用のボーンを作成し、トランスフォームコンストレイントを適用するトランスフォームコンストレイントとは、親子関係とは別に動きの依存関係を作ることのできる機能です。 トランスフォームコンストレイントを適用し、Mixの値を変更することで「どの程度動きが連動するか」を設定することができます!

スキ
44

Spineを活用して2.5Dキャラを作ろう!(前編)

▼はじめにはじめまして!2019年新卒入社のモーションデザイナーのG.Mです。 私はこれまでSDキ…

アートチーム エンジニア業務のご紹介!テクニカルアーティストとは?

こんにちは! 私は G2 Studios株式会社 でゲームエンジニアをしているT.Mと申します。 今回は…

CRI Atom Craft エンコーディングタイプを設定する/第3回

こんにちは。 G2 Studios アートチーム サウンド設計担当のサキサキです。 同年代の人と比べ、…