マガジンのカバー画像

G2×CREATIVE

38
新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

データ分析基盤の紹介

はじめにこんにちは。G2 Studios の落合、黒田です。 G2 Studiosのデータ分析基盤について紹介します。 概要を説明後、各コンポーネントについて採用理由や苦労した点などを説明します。 導入背景 G2 Studiosではスマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運営を行っています。 私たちはプロジェクト横断チームとして、ユーザーのゲームの利用状況を分析し、分析結果をサービス展開やイベント企画立案に活用しています。しかし今まではプロジェクト毎に独自の方法で分析

スキ
37

スイッチタイプキューを作ってみる(セレクター編)/第4回

こんにちは。 G2 Studios アートチーム サウンド設計担当のサキサキです。 今回から数回にわたり、サウンド演出によく用いられる機能をご紹介したいと思います。 AtomCraftには、キューに指定することでサウンド再生時にちょっとした演出を追加する「シーケンスタイプ」と呼ばれる機能がいくつか用意されています。 そのうちの1つで真っ先に皆さんにお勧めしたいのが、自身もよく使っている「スイッチタイプキュー」です。 (※演出設定がされていない最も基本的なキューを「ポリフ

スキ
24

【Spiners MeetUp vol.5】担当者にインタビュー!共同研究開発の感想と振り返り

G2 StudiosとArtnerが共同主催している「Spiners MeetUp」は、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し、そしてSpiner同士がつながる場となることを目的としたイベントです。本イベントは2020年5月から開催しており、これまで合計4回のイベントを行ってきました。 この度、「Spiners MeetUp vol.5」としてG2 StudiosとArtnerが共同でSpine×Unityの研究開発を行い、プロジェクトデ

スキ
35

【社内制度紹介】G'zone(ジーゾーン)/制度を利用して2D→3Dへのジョブチェンジに成功したデザイナーにインタビューしました!

G2 Studiosには社員の自己実現をサポートするユニークな制度があります。 今回は、その中からG‘zone(ジーゾーン)という社内制度をご紹介します。  社内には、この制度を使ってディレクター→3Dモデラーという大きなジョブチェンジに成功した猛者もいます。(学生時代に一定の知識と技術を得ていた社員なので、全くの初心者ということではありません。) 今回は、G’zoneを経てジョブチェンジを果たした女性社員を紹介します。  ▼過去のG‘zone成功者のインタビューはこち

スキ
39

CRI HAPTIX で振動パターンを設定する(Android専用)/番外編

こんにちは。 G2 Studios アートチーム サウンド設計担当のサキサキです。 前回、CRI Atom Craftにおける振動演出について「Android&iOS共通」での設定方法をご紹介しましたが、今回は「Android専用」の設定方法についてご紹介したいと思います。 ▼前回記事はこちら  *尚、本記事は「CRI Atom Craft」の基礎が習得済みであることを前提とした内容となっております。 ■作業環境 本記事は以下の環境下での作業内容を記載します。 O

スキ
38

Spiners MeetUp vol.5 UnityでのSpine実装方法 〜後編〜

「Spiners MeetUp」とは、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し、そしてSpiner同士をつなぐ場となることを目的としたイベントです。本イベントは、2020年5月から開催しており、これまで合計4回のイベントを行ってきました。 Spiners MeetUp Vol.5では、Spineアニメーター初級者の技術力向上を支援するため、第1回から共同主催をさせて頂いている株式会社ArtnerとG2 Studios株式会社で、Spineを

スキ
43

Spiners MeetUp vol.5 UnityでのSpine実装方法 〜前編〜

「Spiners MeetUp」とは、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し、そしてSpiner同士をつなぐ場となることを目的としたイベントです。本イベントは、2020年5月から開催しており、これまで合計4回のイベントを行ってきました。 Spiners MeetUp Vol.5では、Spineアニメーター初級者の技術力向上を支援するため、第1回から共同主催をさせて頂いている株式会社ArtnerとG2 Studios株式会社で、Spineを

スキ
52

Spineでキャライラストを動かす/解説とデータ公開!~Spiners MeetUp Vol.5 ~

「Spiners MeetUp」とは、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し、そしてSpiner同士をつなぐ場となることを目的としたイベントです。本イベントは、2020年5月から開催しており、これまで合計4回のイベントを行ってきました。 Spiners MeetUp Vol.5では、Spineアニメーター初級者の技術力向上を支援するため、第1回から共同主催させていただいている株式会社ArtnerとG2 Studios株式会社で、Spine

スキ
55

API実装でPostmanが便利

はじめにこんにちは!G2 Studios サーバーエンジニアのL.Yです。 今回は、ゲームのAPI開発に欠かせないテストツールを紹介します。 皆さんはRESTful APIを開発する際、疎通確認やレスポンス形式の確認をするために、どんなツールを使っているでしょうか? 今回は弊社サーバーチームでよく使用されるPostmanの導入経緯を含めて紹介させていただきます。 ※今回の記事ではPostmanのインストールと細かい操作関連は割愛させていただきます。 公式サイトからダウン

スキ
65

Unityを利用したスマホゲーム開発のアプリ内課金システムに単体テストを導入した話

はじめに はじめまして!G2 StudiosのクライアントエンジニアのS.Nです。 本記事では、Unityを用いたスマホゲームの課金システムのユースケーステストについて、具体的なコードを載せて解説していきます。 Google Play ストアでは2021年11月以降のアプリ更新で「Google Billing Library Version 3」への対応が必須となりました。ここ最近で課金システムのアップデートをされたプロジェクトも多いのではないでしょうか。私たちのプロジェク

スキ
75

「Spiners MeetUp」初級者向け解説を前提にSpine×Unityのデモアプリを研究開発中!

「Spiners MeetUp」とは、Spineを使用しているアニメーター「Spiner」同士でノウハウを共有し、そしてSpiner同士をつなぐ場となることを目的としたのイベントです。本イベントは、2020年5月から開催しており、これまで合計4回のイベントを行ってきました。 【過去開催のレポート】  Spiners MeetUp vol.1レポート(CG WORLD) Spiners MeetUp vol.2レポート(CG WORLD) 【過去開催のアーカイブ動画(You

スキ
60

CRI HAPTIX で振動パターンを設定する/番外編

こんにちは。 G2 Studios アートチーム サウンド設計担当のサキサキです。 今回はこれまでと少し趣向を変えて「番外編」と称し、CRI Atom Craftを使ってできる「振動」による触覚演出についてご紹介したいと思います。 noteの更新に少々時間を要しましたがようやく完成しましたので、いつもより容量増し増しでお届けします! *尚、本記事は「CRI Atom Craft」の基礎が習得済みであることを前提とした内容となっております。 ▼CRI Atom Craft関

スキ
55

Spineを活用して2.5Dキャラを作ろう!(後編)

▼はじめにこんにちは!今回は前回に引き続き、Spineでキャラクターを立体的に動かすための方法を解説しますので、是非ご覧ください! ↓前編(STEP 1・2)はこちら ▼STEP 3:向き制御用のボーンを作成し、トランスフォームコンストレイントを適用するトランスフォームコンストレイントとは、親子関係とは別に動きの依存関係を作ることのできる機能です。 トランスフォームコンストレイントを適用し、Mixの値を変更することで「どの程度動きが連動するか」を設定することができます!

スキ
59

Spineを活用して2.5Dキャラを作ろう!(前編)

▼はじめにはじめまして!2019年新卒入社のモーションデザイナーのG.Mです。 私はこれまでSDキャラクターのモーションや、スチルモーションの作成を担当してきました。 今回は2.5Dキャラを作ろうということで、2Dのキャラクターを立体的に動かす手法について解説していきます。前編・後編に分け、前半は初心者の方向け・後半は初心者から中級者の方向けとなっています。立体的に動かすことによりワンランクアップしたモーションの作成をしたいと言う方は是非ご覧ください! ↓後編はこちら

スキ
66