マガジンのカバー画像

G2×MEMBER

44
G2 Studiosで働くメンバーの想いなど、様々な職種の個性あふれる仲間を紹介します。
運営しているクリエイター

記事一覧

産休・育休取得から職場復帰の流れをママ社員インタビューと合わせて解説/大切なのは○○!

G2 Studiosでは、様々な制度や福利厚生を整えることで、一人ひとりの成長を支え、イキイキと働ける環境作りに力を入れています。 今回は、出産・子育てにスポットを当ててご紹介します! 基本的なルール労働基準法や育児休業法、就業規則等で、産休・育休にはルールが定められています。 これらはあくまで、基本中の基本で、妊産婦検診のための時間の確保や残業や深夜勤務に関するものなど様々なルールがありますので、ぜひ確認してみてください。 育児・介護休業法にまつわるパンフレット(厚生

スキ
21

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<後編>

ギークスグループでは、半期に1度「全体会議」が行われます。 全体会議の目玉の一つがBuddy賞受賞式です。Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践するなど、最も活躍したメンバーに贈られる賞です。社員投票をもとに選出されます。 ▼全体会議の様子はこちら ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら 今回は、2021年度下期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者9名に、受賞の想いや仕事との向き合い方についてイ

スキ
14

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<中編>

ギークスグループでは、半期に1度「全体会議」が行われます。 全体会議の目玉の一つがBuddy賞受賞式です。Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践するなど、最も活躍したメンバーに贈られる賞です。社員投票をもとに選出されます。 ▼全体会議の様子はこちら ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら 今回は、2021年度下期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者9名に、受賞の想いや仕事との向き合い方についてイ

スキ
14

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<前編>

ギークスグループでは、半期に1度「全体会議」が行われます。 全体会議の目玉の一つがBuddy賞受賞式です。Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践するなど、最も活躍したメンバーに贈られる賞です。社員投票をもとに選出されます。 ▼全体会議の様子はこちら ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら 今回は、2021年度下期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者9名に、受賞の想いや仕事との向き合い方についてイ

スキ
16

良い環境、良いコミュニケーションで、良いモノを作る好循環を生み出したい/Best of Buddy賞受賞者インタビュー

ギークスグループでは半期に一度、全社員が参加する全体会議において、Buddy賞の授賞式が行われます。Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践するなど、最も活躍したメンバーに贈られる賞です。社員投票をもとに選出されます。4月21日(木)に開催された全体会議では、2021年度上期と下期にBuddy賞を受賞したメンバーから選出される、2021年度最も活躍したメンバーに贈られる栄誉ある賞「Best of Buddy賞」が発表されました

スキ
24

ユーザーやチームメンバーに喜んでもらいたい/2021年度新人賞受賞者インタビュー

G2 Studiosでは、毎春、新卒入社1年目の社員の中から、最も活躍したメンバー1名に新人賞が贈られます。先日行われたギークスグループ全体会議で発表された2021年度新人賞受賞者 N.H(クライアントエンジニア)に、G2 Studiosに入社を決めた理由や社会人1年目で得た経験、今後の目標を聞きました。 ▼全体会議の様子はこちら ユーザーやチームメンバーに喜んでもらいたい 自分の軸が決まった学生時代 ーどんな学生時代を過ごしましたか? 私は、ゲーム好きな両親の影響も

スキ
26

G2 Studiosに転職して3か月!プランナーのこれまでの経歴と入社した感想

今回は、中途入社3ヵ月のプランナーにインタビューし、これまでの経歴やG2 Studiosに入社した感想を聞きました! 1人で油粘土のクリーチャーをつくっていた幼少期 ゲーム開発に重きを置いたキャリア ーこれまでのキャリアを教えてください。 「恥の多い生涯を送ってきました」というほどでもありませんが、人に誇れるような大層な人生を歩んできたわけでもありません。ゲーム業界で、ブラウザ・コンシューマー・スマートフォンなど様々なプラットフォームでのゲーム開発に携わってきました。担当

スキ
30

【社内制度紹介】G'zone(ジーゾーン)/制度を利用して2D→3Dへのジョブチェンジに成功したデザイナーにインタビューしました!

G2 Studiosには社員の自己実現をサポートするユニークな制度があります。 今回は、その中からG‘zone(ジーゾーン)という社内制度をご紹介します。  社内には、この制度を使ってディレクター→3Dモデラーという大きなジョブチェンジに成功した猛者もいます。(学生時代に一定の知識と技術を得ていた社員なので、全くの初心者ということではありません。) 今回は、G’zoneを経てジョブチェンジを果たした女性社員を紹介します。  ▼過去のG‘zone成功者のインタビューはこち

スキ
39

一緒に働いている姿を想像しながら一人ひとり大切に向き合っていきたい~新卒採用担当インタビュー~

G2 Studiosでは毎年、新卒採用を行っています。 今回は就職活動を控える学生の皆さんに向けて、新卒採用担当者のメッセージをお伝えします! ー新卒採用担当から見てG2 Studiosはどんな会社だと思いますか? M.D: 挑戦心が高い会社だと思います。 若手はもちろん、ベテラン層やマネージャーも含めて挑戦を繰り返しています。中期経営計画「G100」でグループ全体の目標が明文化されたこともあり、その達成に向けて一丸となり、スピード感をもって成長を続けているフェーズ

スキ
55

チーム全員が、組織やプロダクトに対して「より良くしよう」という強い想いを持って進み続けるープロジェクト賞受賞チームインタビュー

ギークスグループでは半期に一度、全社員が集まる全体会議において、活躍したメンバーに贈られる賞「Buddy賞」の授賞式が行われます。 今期は「プロジェクト賞」が新設され、10月22日(金)に開催された全体会議では、2021年度上期のプロジェクト賞も表彰されました。プロジェクト賞は、チーム一丸となって「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践するなど組織に貢献したプロジェクトに贈られます。 今回は、受賞した3プロジェクトのうち、G2 Studi

スキ
45

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<後編>

ギークスグループでは半期に一度、全社員が参加する全体会議において、Buddy賞の授賞式が行われます。Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践するなど、最も活躍したメンバーに贈られる賞です。社員投票をもとに選出されます。 今回は、受賞者インタビューの後編となります! ▼前編はこちら 3Dデザイナー M.N2020年 中途入社 推薦コメント: プロジェクトの3Dリードとして、リリースに向けて3Dチーム全体を取りまとめ、引っ

スキ
48

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<前編>

ギークスグループでは、半期に1度「全体会議」が行われます。 全体会議の目玉の一つがBuddy賞受賞式です。Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践するなど、最も活躍したメンバーに贈られる賞です。社員投票をもとに選出されます。 ▼全体会議の様子はこちら ▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら 今回は、2021年上期表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者9名に、受賞の想いや仕事との向き合い方についてイン

スキ
47

G2 Studiosに転職して4か月経ったプランナーの これまでの経歴と入社した感想

こんにちは。G2 StudiosプランナーのS.Sです! 2021年4月にG2 Studiosに転職してきました。 入社して4か月ほど経つので、これまでの経歴について振り返りつつ、入社してみての感想を書いてみたいと思います。 触ったことのない端末はない!? 容量と端末依存と戦ったWebデザイナー時代社会人1年目はWebデザイナーとしてアルバイトをしていました。 今ではもうほとんど見かけませんが、その頃は俗にいう6k端末やQVGA端末などの携帯コンテンツサイトのコーディング、

スキ
66

「挑戦」「楽しむ」「成長」を体現した9名。Buddy賞受賞者インタビュー<後編>

ギークスグループで半期に一度行うBuddy賞受賞者発表。 前編では5名の受賞者の仕事に対する想いや、受賞者に投票したメンバーの推薦理由をお伝えしました。後編では4名のインタビューを紹介します。 ▼前編はこちら サーバーエンジニア T.T ー仕事の面白さややりがいを教えてください。 今まで実装したことがない機能タスクが完了し、実際にゲームアプリ上で機能の確認ができた際はとてもやりがいを感じます。また、メンバー一人ひとりが集中してタスクに取り組めるように、他セクションへ

スキ
58