見出し画像

Buddy賞受賞者インタビュー/受賞の理由と来期への熱い想い<後編>

G2 Studios株式会社

ギークスグループでは、半期に1度「ギークスアワード」が行われます。
ギークスアワードでは「挑戦」「楽しむ」「成長」のギークスサイクルを体現し、「10の心得」「行動指針」を実践するなど、その半期で特に活躍したメンバーに贈られるBuddy賞、プロジェクト賞の表彰が行われます。

▼ギークスサイクル・10の心得についてはこちら

▼G2 Studiosの行動指針はこちら

今回は、2022年度上期に表彰されたG2 StudiosのBuddy賞受賞者10名に、受賞の想いについてインタビューしました。

後編では【中途入社(エンジニア、バックオフィス)】の3名を紹介します!

前編【新卒入社(プランナー、デザイナー)】はこちら▼

中編【中途入社(企画系)】はこちら▼


Y.O 

2022年中途入社 テクノロジーディビジョン グラフィックスエンジニア
プロジェクトを横断しながらグラフィックに関連する問題の解決、技術についての相談や実装などを担当。プロジェクト外でも勉強会の開催や知見の共有を行う。

選出の理由(推薦コメント)
3Dグラフィックスという難しい分野で常に挑戦し、またその過程を楽しみながら、社員全体の成長を促してくれており、積極性、妥協しない姿勢、熱意が全て高い方です。Y.Oさんが勉強会やLTを積極的に開催・運営してくれたことで、社内の交流がより活発になりました。専門性の高いグラフィック技術を存分に発揮し、これまでは難しかったような水準で様々な実装を行なってくれています。

ー受賞した率直な感想は?

このような栄えある賞をいただき、大変嬉しく思います。
プロジェクト内外ともに勉強会や、新しい技術の導入等、様々な活動をさせていただいておりますが、その結果がしっかりとこのような形あるもので評価されたことが大変嬉しいです。今後はさらに社内を盛り上げるため、新たな勉強会の企画や自身の担当しているプロジェクトの技術発信を社内で行っていきたいと考えておりますので、楽しみにしていてください。

ーこの半期で印象的だった仕事は?

担当しているプロジェクトではグラフィックスエンジニアとしての業務以外にも、プロジェクト全体の業務を円滑に進めるために色々な挑戦をしてきました。そのプロジェクトでは、G2 Studiosとして新しい挑戦をたくさんしないといけないため、チーム内のコミュニケーション環境への配慮や、最新技術のトレンドへのアンテナや導入等、自身が率先して先のことを見据えながら動き続けることを求められていました。
また、プロジェクト外では勉強会の運営や、自身が毎月定期開催している勉強会の登壇、社内のコミュニケーションツールで最新技術の情報等を発信したりと現在進行形で常に忙しくさせていただいており、楽しい日々を過ごしています。

ーこの仕事のやりがいは?

G2 Studiosでは、まだまだグラフィックス周りの技術力が未熟であると感じており、会社として成長する機会と挑戦する機会がたくさんあります。自身が新しい技術を学ぶだけでなく社内のメンバーへも学んだことを発信していく必要があり、学ぶ経験と教える経験を同時に味わうことができます。
また、社内のメンバーは新しい技術への興味関心が高いため、勉強会などを行うとかなりの数のメンバーが集まってくれるのでモチベーションにもなります。
最近では私が企画している勉強会に便乗して実施してくれる方も増えていて、何か大きな流れが生まれているように感じます。今後のG2 Studiosが楽しみです。

ー今後の目標は?

GE(グラフィックスエンジニア)グループが上期から新設され、最高のスタートが切れたと思います。賞をいただいたことに胡坐をかかず、さらに高い評価をいただけるよう今後も様々な挑戦をしていきたいと思います。
上期はプロジェクト外の実績はたくさん残すことができましたが、プロジェクト内の大きな実績を出せたかと言うとそうではないと考えているため、下期ではプロジェクト内外両方ともに大きな実績が出せるよう頑張りたいと考えています。



W.K

2018年中途入社 テクノロジーディビジョン クライアントリード
開発プロジェクトにて、クライアントリードを担当。主にタスク管理、バグ修正、トラブル対応、納品対応、工数見積もり、コードレビュー、業務改善などに従事。

選出の理由(推薦コメント)
セクション問わず誰からも相談されていて、技術力の高さはもちろん関わりやすい雰囲気づくりが上手で、「モテる人間になる」を体現していると思います。コツコツとひたむきに実装を進めてくれて感謝しています。これまで何度となく発生した改修にも、やるべき事は愚直に動いてくれ、リーダーとしてメンバーのフォローアップをしながらまとめてくれていたと感じています。大きく声を出す方ではありませんが、W.Kさんのそうした真面目に取り組む姿勢を評価してもらいたいです。

ー受賞した率直な感想は?

個人的には配属プロジェクトはもちろん、他プロジェクトの方からも評価されていたというのが嬉しかったです。現在の所属は開発プロジェクトなので、これまでリリースを経験してきた他のプロジェクトの事例を享受させてもらってばかりで申し訳なく思っていますが、これからはこちらからも発信できるよう努めていきます!

ーこの半期で印象的だった仕事は?

プロジェクトとしては、最後の一歩がどうしても踏み出せなかった半期で非常に苦しい時期が続いていました。そんな中で印象に残っているのは、クライアントエンジニアが集まる夕会です。日々目まぐるしく状況が変わっていく環境で、メンバーに納得いく仕事をしてもらえるように考えて進行していました。
先導するのはあまり得意ではないのですが、今のプロジェクトを通じて人として大きく成長できたと思っています。

ーこの仕事のやりがいは?

自分は効率化や自動化といった作業が好きで、自動化することによって安定した供給ができるし、ミスも少なくなると思っています。実際に使用してくれた方から「こんなことできない?」や「こっちにも流用出来たりしない?」などの提案、改善の話を持ってきてもらい、「そんな視点もあるのか」「じゃあこうしたらもっと」などと議論している時間が好きです。
皆さんも日々のルーティンワークを見直して、改善したいなどあれば、近くのエンジニアを捕まえてみてはどうでしょうか!

ー今後の目標は?

私は今でも若手の気持ちでいるのですが、現実を見てみると、いつの間にか後輩もたくさんでき、中堅くらいの立場になってしまっているなと感じています。今後は自身の成長はもちろんのこと、後輩の育成、組織全体の技術力向上・促進など、プロジェクトに関わらず全体を引き上げられるような存在を目指していきます。



Y.I

2021年中途入社 ビジネスマネジメントディビジョン 採用チーム
中途採用(業務委託 含む)、中途入社メンバーのフォロー、社員受け入れやコミュニケーション向上に向けた社内施策の推進を担当。

選出の理由(推薦コメント)
ホスピタリティ溢れる活躍が随所に光っており、社内外問わず気遣いや心優しい対応、立ち回り、柔軟さなどまさに縁の下の力持ち的な存在です。現在はアシスタントとしての業務が中心ではありますが、スキルを磨き経験を積む事で採用だけでなくHR 全般の業務にも対応できそうなポテンシャルを感じます。周囲のメンバーからも、その働きぶりを見て尊敬されているようで、テキパキとしっかり対応されている点が素晴らしいと思っています。

ー受賞した率直な感想は?

とても嬉しいです!そして選んでいただいた方々に感謝したいです。
この半年間、自分はこのままで良いのか、役に立てているのか、と日々、自問自答していてこんな素晴らしい賞をいただけるとは思っていませんでしたので、なかなか表に出にくい採用という仕事を見てくださってた方々、そしてHRとして日々一緒に切磋琢磨しているチームメイトにも感謝の気持ちでいっぱいです。

ーこの半期で印象的だった仕事は?

面談で候補者様に会社説明をしていると、みなさん「素敵な会社ですね」「楽しそうに会社の説明をしているのできっと良い会社なんだなと思う」「次の会社に求めている事とマッチしているので是非応募したい」と言ってくださいます。
また面接後に候補者様より「面接官の方の雰囲気が良かった」「一緒に働きたいと思う方だった」と所感をいただくことも多く、それがとても印象的です。
候補者の皆さんからG2 Studiosが良い会社だなと思われることはとても嬉しいし、誇らしいので今後もG2 Studiosの良さを多くの方に知っていただけるよう働きかけていきたいと思います。

ーこの仕事のやりがいは?

入社された方が活躍されているのを見られるのがこの仕事の醍醐味だと思います。
採用に関わった方がBuddy賞を取ったり、どんなことでも活躍していると聞けるのはとても嬉しい事です。
採用は「人の人生を変える仕事」と言われています。転職は人生の中でも大きな節目となるので、入社していただいたら終わりではなく、入社した方がより良いパフォーマンスを出せるような、また「G2 Studiosに入って良かったな」「人生の中のG2 Studiosで過ごした時間が充実していたな」と思える環境作りが私達の役目だと思います。

ー今後の目標は?

Buddy賞の名に恥じぬよう、そしてBuddy賞に選んでくださった方に私を選んで良かったなと思っていただけるよう、良い人材の採用、社内の環境作りをしたいです。
採用という立場だけでなく、HRとしてゲーム創りをしている現場の人たちがよりパフォーマンスを出せるよう縁の下の力持ちとしてサポートしていきたいと思います。

▼他の社員のインタビューもぜひご覧ください!

▼G2 Studiosでは一緒に働く仲間を募集しています!


この記事が参加している募集

オープン社内報

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!