【ゲームクリエイターインタビュー】G2特別賞 受賞者紹介<ディレクター・プランナー・研修担当 編>
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ゲームクリエイターインタビュー】G2特別賞 受賞者紹介<ディレクター・プランナー・研修担当 編>

2020年度上半期の「G2特別賞」が発表されました。
今回は、受賞した11名のうち、ディレクター・プランナー・研修担当の3名のインタビューをご紹介します!

--- G2特別賞とは ---
ギークスグループには「Buddy賞」という活躍した社員に対する表彰制度があり、10月半ばに行われた全体会議にて、G2 Studiosからも10名が受賞しました。「G2特別賞」は、❝Buddy賞に続きぜひとも褒め称えたい社員❞に贈られる特別賞です!

チーフディレクター M.Y

図2

推薦コメント
プロジェクト内ではそつなくしっかりと全体を管理してくれており、報連相も的確。フロー改善、メンバーの管理、コスト管理など多くをまかなってくれており、プロジェクト内の❝頼もしさグランプリ❞、チャンピオンです!

Q. 受賞者として発表された時の率直な気持ちは?

M.Y:
まさか自分の名前が呼ばれるとは思っていなかったので、ビックリしました(笑)受賞歴がない影の人間なのですが、授賞理由のコメントがもらえると、こんなに嬉しいものなんだな…と思いました!

Q. この半期で印象的だったことは?

M.Y:
良い意味でディビジョンマネージャーに頼らずプロジェクトを牽引し続けてきた自負があります。開発期間と運営期間を経て、チームやメンバーが判断に迷う時に、自分なりに答えを出し続けてきたことが良かったのではないかと思います。分からないことに時間を使うのが嫌いなので、自分では答えが出せないものは分かる人に答えを導いてもらうということを社内外問わず素早く動いたこともチームに役立っていればいいなと思っています。

Q.今後頑張りたいことは?

M.Y:
次の半期は、自らチームを牽引する役回りとは異なり、メンバーのフォローアップや育成、その結果で成果を出すというところを目指しています。引き続き影の存在で、「自分のためより周りのために」働きかけていければと思います。


プランナー M.U

図4

推薦コメント
仕様作成、クリエイティブ、シナリオなど多岐にわたる業務を対応をしてくれました。また、リモートワークの比率も高まる開発の中、細かいところに気を配り各種業務を円滑に進めてくれました。

Q. 受賞者として発表された時の率直な気持ちは?

M.U:
嬉しかったです。
ただ画面に映る自分を眺め続けている時間は、気恥ずかしいものがありました。

Q. この半期で印象的だったことは?

M.U:
Buddy賞を受賞されたS.Nさんと被ってしまいますが、アドベンチャーパートが形になり好意的なご意見を頂戴した時でしょうか。
プランナーとして携わっている箇所はいくつかありますが、アドベンチャーは特に自分の意を反映していただいた機能だったので嬉しかったです。
拙い気持ちを汲んでくださったエンジニア、デザイナー、そしてスクリプターの皆様には感謝してもしきれません。

Q.今後頑張りたいことは?

M.U:
直近は担当タイトルが無事にリリース出来るよう努めます。
また、最近勉強などに充てる時間が少なくなっていたので、公私ともに時間を有効に使えるよう意識を強めていきたいです。


研修担当 Y.M

図13

推薦コメント
どんな状況になっても、解決方法を探し、物事を前に進めてくれました。
特に全社員フルリモート化に向けてのテクニカルマネジメントチームへのサポート、新卒研修のオンライン化、新卒採用への提案、既存社員のフォロー等、新卒研修に留まらず活動領域を広げていました。
<研修チームのインタビューはこちら>

Q. 受賞者として発表された時の率直な気持ちは?

こういった、表彰されるものとは縁遠いと思っていたので、驚きました。またBuddy賞を受賞されたM.Eさんとは同じ部門の同チームで働いている身ですので、形は違えど、その2人が働きを評価されたことは非常に嬉しく思いました。
余談ではありますが、発表式の日はリモートワークで自宅で働いていたのですが、発表と同時に家のインターフォンが鳴ったので、「このタイミングでコメントとか求められたらどうしよう」と実は焦ってました(笑)

Q. この半期で印象的だったことは?

誰も経験したことがないコロナ禍での緊急事態宣言を始めとして、誰もが「不安」からスタートした上半期でした。
そんな中で研修を任されている身としては、新たに仲間として迎え入れる新卒に対してどうしたら「安心」を与えられるか、考えながら動く必要のあった、カルチャーの中にもある"考動"が試された上半期であったと思います。それでも「元から準備されていたような感じを受けた」「他社の話も聞いているけど、充実していると思った」と言う意見が出た時は胸を撫で下ろしたのを覚えています。

Q.今後頑張りたいことは?

❝やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやらねば、人は動かじ
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず❞

有名な山本五十六の名言ですが、現実にこれを実践するのが容易くはないと痛感しています。それでも人材育成を任される身として、この言葉を深く胸に刻んで精進していこうと思います。


受賞者の皆さん、おめでとうございました!

明日は、デザイナー(UIデザイナー・3Dデザイナー・モーションデザイナー・イラストレーター)のインタビューを更新する予定です。

▼G2 Studiosでは一緒に働く仲間を募集しています!


宜しければシェアお願いします♡
ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をビジョンに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!