マガジンのカバー画像

G2×RECRUIT

63
採用イベントのレポートや、採用・研修担当からのメッセージを紹介します。
運営しているクリエイター

#ゲーム開発

23卒内定者インタビュー/エンジニア/作りたいゲームのために、貪欲に新しい技術を学ぶ

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2023年4月入社予定のエンジニア内定者をご紹介します! 幼少期に感じたワクワクした気持ち 大好きだったゲームを作る側になりたいーゲーム業界を選んだ理由を教えてください。 小さな頃からゲームが大好きでした。特にアクションゲームが好きで、よく友人と遊んでいました。対人モードのあるゲームには「無限の生産性」があり、夢がある世界だと感じています。相手がコンピューターでない分、遊び方も無限にありますし、攻略の仕方も常に変わ

スキ
4

23卒内定者インタビュー/エンジニア/夏のインターンシップが入社の決め手に

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。  今回は2023年4月入社予定のエンジニア内定者をご紹介します!  調べて解決して、やりたいことを実現していく 性格に合っていて何より楽しいーゲーム業界を目指した理由を教えてください。 幼少期からゲームが大好きでしたが、仕事にしたいと決意したのは高校3年生の時です。 私の通っていた高校では、学校祭で模擬店や出し物などさまざまな催し物があり、クラスステージでは、観客を楽しませるステージパフォーマンスを行います。私は照明担当や

スキ
15

G2 Studiosに転職して3か月!プランナーのこれまでの経歴と入社した感想

今回は、中途入社3ヵ月のプランナーにインタビューし、これまでの経歴やG2 Studiosに入社した感想を聞きました! 1人で油粘土のクリーチャーをつくっていた幼少期 ゲーム開発に重きを置いたキャリア ーこれまでのキャリアを教えてください。 「恥の多い生涯を送ってきました」というほどでもありませんが、人に誇れるような大層な人生を歩んできたわけでもありません。ゲーム業界で、ブラウザ・コンシューマー・スマートフォンなど様々なプラットフォームでのゲーム開発に携わってきました。担当

スキ
35

ユーザーの喜びにこだわったゲーム創りを。進化し続けるG2 Studios、代表桜井の想い

2021年5月、ギークスグループとして中期経営計画「G100」を発表しました。 2025年3月に売上高100億、営業利益25億。 G2 Studiosではその内の約半分、売上高50億、営業利益13億を目標としています。 具体的な計画としては、開発ラインに合わせた適切なリソースコントロールの継続実施と年間2~3本のタイトル獲得及び安定運用によるパイプラインの増加で達成を目指すことを掲げています。今回は、G100の達成に向けた代表桜井の想いを伝えていきます。 売上が読めない業界

スキ
48

【ゲームエンジニア希望学生向け】提出作品でお悩みの方へ送るアドバイス!

こんにちは!G2 Studios 内定者(エンジニア)のM.Oです。 私が就活をした際、特に大変だったのが、企業に提出する作品作りでした。かなり悩んだり考えたりして、多くの時間を費やして作成したのですが、振り返ってみると様々な反省点や良かった点がありました。 そこで今回は、私自身の体験やいただいたアドバイスを元に、就活で企業に提出する作品を作る上で大事な点やコツをまとめてみました!ゲームエンジニアを希望する学生のみなさんの参考になれば嬉しいです。 1、作り始める前にまず

スキ
46

22卒内定者にインタビューしました!~part 6 プランナー編~

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2022年4月入社予定のプランナー内定者をご紹介します! ▼part1~5はこちら ーなぜゲーム業界を目指したのですか?  S.K 幼少期からゲームは好きで、色々なジャンルをプレイしていました。 高校時代に文化祭の演劇で使用する台本を手掛けた関係で、コンピューター部の簡単なゲーム制作に誘われたことがあるんです。ノベルゲームとパズルゲームが合わさったようなゲームを制作し、その中でストーリー部分を担当したのですが、リ

スキ
42

22卒内定者にインタビューしました!~part5 エンジニア編~

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。 今回は2022年4月入社予定のエンジニア内定者をご紹介します! ▼part1~4はこちら ▼オンラインでインタビューを実施しました ーなぜゲーム業界を目指したのですか? M.O 中学生の時にロボット部に所属し、そこで初めてプログラミングに触れました。同時に、その頃は寮生活でゲーム機の持ち込みが禁止で、幼少期から大好きだったゲームができない環境になりもどかしい気持ちになりました。幸いにも、PCは持ち込めましたが、学校指定

スキ
47

一緒に働いている姿を想像しながら一人ひとり大切に向き合っていきたい~新卒採用担当インタビュー~

G2 Studiosでは毎年、新卒採用を行っています。 今回は就職活動を控える学生の皆さんに向けて、新卒採用担当者のメッセージをお伝えします! ー新卒採用担当から見てG2 Studiosはどんな会社だと思いますか? M.D: 挑戦心が高い会社だと思います。 若手はもちろん、ベテラン層やマネージャーも含めて挑戦を繰り返しています。中期経営計画「G100」でグループ全体の目標が明文化されたこともあり、その達成に向けて一丸となり、スピード感をもって成長を続けているフェーズ

スキ
56

1か月のインターンシップで大きく成長!HALインターン生インタビュー

G2 Studiosでは毎年10月に、専門学校HALの学生を受け入れ、1か月間のインターンシップを実施しています。昨年より完全リモートで実施していますが、今年はリモート中心に進めつつも、インターンシップの最終日はご来社いただき、オフィスや働くメンバーの雰囲気を感じていただきました。 1か月のカリキュラム ・個人でのゲーム制作 …シューティングゲーム ・個人制作の発表 ・チームでのゲーム制作 …「五輪」がテーマのオリジナルゲーム ・チーム制作の発表 フィードバック・サポート

スキ
47

【20卒】G2 Studios 新卒研修まとめ

20卒の研修に関するnoteをまとめました! 20卒の研修は新型コロナウイルス感染予防のために、従来の研修計画を急遽変更しオンライン対応した前例のない研修だったのにも関わらず、 21人の新卒たちは主体性をもって研修に取り組み、課題に対しても自ら解決のために動く素晴らしい研修となりました。 ▼内定者研修について ▼人事研修について ▼基礎研修について ▼短期開発研修について ▼長期開発研修について ▼長期開発研修で開発したアプリ ▼新卒研修の舞台裏 内定者時代から、ゲーム開

スキ
52

スマホゲーム会社がオンライン内定者研修でフォローアップする話

こんにちは、G2 Studiosの研修担当です。 今回は21卒の内定者8名に向けて行っている内定者研修の紹介をします。 なぜ内定者研修をしているのか?G2 Studiosでは内定者フォローの一つとして、社会人としてのマインドとスキルを整え、ゲーム作りを学び、現場に配属後すぐにゲーム作りに集中できるように任意参加の内定者研修を実施しています。 その年の新卒の特性や、組織、社会的な状況に合わせて研修の内容を変えているので常に改善を繰り返しており、毎年新卒のスキルを高めていくこと

スキ
61

デベロッパーズゲームコンテスト2020イベントレポート/「繋がり」をテーマにした学生たちのオリジナルゲームが集結

G2 StudiosがWonderPlanet、f4samurai、サイバーコネクトツーと共同で開催した「デベロッパーズゲームコンテスト2020」。2020年夏に告知を開始したこのイベントは、先月末、ビデオ審査を突破した7チームの最終プレゼンと受賞作品の発表で無事に幕を下ろしました。 今回は、イベントの概要や最終プレゼンの様子をお伝えします。 イベント概要 テーマに沿って制作したオリジナルゲームを応募いただき、大賞や各企業賞などを選出するコンテスト形式のイベント。複数の企業

スキ
68

フリーランスエンジニアにインタビューをしたら、「挑戦を受け入れてくれる風土」であり「推進力になるような動きをしたい」と言われ、より一層関係が深まった話。

G2 Studiosでは、ゲーム開発経験が豊富なクリエイターの皆さまに、業務委託としてご協力いただくケースがあります。 今回は、フリーランスとして長く参画いただいている2名のエンジニアに、「参画の背景」「G2 Studiosとは?」「今後の働き方」についてお話を聞きました。 サーバーサイドエンジニア Y.Mさん Y.Mさん サーバーサイドエンジニア 2010年より複数回に渡りG2 Studios(ギークスグループ)に参画 開発〜運営を複数経験し、現在はテクニカルマネジメン

スキ
84

【内定者インタビュー】ゲーム業界を選んだ経緯とG2 Studiosに決めた理由~デザイナー編~

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。今回は2021年4月入社予定のデザイナー職内定者をご紹介します。 デザイナー内定者 H.O 武蔵野美術大学を2021年3月に卒業予定 ▼オンラインでインタビューを実施しました。 ーH.Oさんはなぜゲーム業界を選んだのですか? 兄がゲーム好きで、その影響でゲームをするようになりました。兄から借りてプレイした『MOTHER2』は特に印象深いですね。 職業にしたいと本気で考えるようになったのは、高校三年生の進路選択の頃です。

スキ
66