見出し画像

22卒内定者にインタビューしました!~part 6 プランナー編~

G2 Studios株式会社

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。
今回は2022年4月入社予定のプランナー内定者をご紹介します!

▼part1~5はこちら

S.K
芝浦工業大学
情報通信工学所属。電波方式や機械学習の基礎を学び、統計学などを用いて環境音測定に関する研究を行う

ーなぜゲーム業界を目指したのですか? 

S.K
幼少期からゲームは好きで、色々なジャンルをプレイしていました。

高校時代に文化祭の演劇で使用する台本を手掛けた関係で、コンピューター部の簡単なゲーム制作に誘われたことがあるんです。ノベルゲームとパズルゲームが合わさったようなゲームを制作し、その中でストーリー部分を担当したのですが、リーダーのような立ち回りもしていたので、自分の担当箇所以外の工程も見ることができ、「こうやってゲームをつくるんだ」と感動した記憶があります。楽曲作りも趣味でやっていたので、そこも担当させてもらい充実した活動になりました。

大学では工学系の勉強をしていたので初めからゲーム業界だけに絞っていたわけではないのですが、こうした経験が進路選択の意思決定に繋がったと思います。

ー学生時代はどのようなことに取り組みましたか?

S.K
大学時代は塾講師のアルバイトに一番力を入れました。カリキュラムが決まっていない個別塾だったので、一人ひとりに合った指導内容を都度考えました。小学生から高校生まで受け持っており、なおかつ人によって効率的な学習方法や得意不得意が違うので、状況に合わせた対応力が身に付いたと思います。

また、人に頼る大切さも学びました。受験科目すべてを自分が担当するわけではないので、担当外の科目に関しては他の講師を信頼して頼るとともに、自分に任せられた科目は「自分の領域だ」と思って一生懸命取り組みました。ゲーム開発においても、プランナーはゲームの面白さを考えたり仕様書を作成する役割で、実際に形にしていくのは、エンジニアやデザイナーだったりすると思います。ゲームを良いものにしていくために、各担当がしっかりと役割をこなし、チームメンバーと信頼し合うことが大切だと思っています。


ー就職活動はどのように進めましたか?

 S.K
大学3年生の夏頃からインターンに参加していました。工学系の学部だったので当初はIT企業やSIerを受けており、内定をいただく企業もありましたが、冒頭でお話したゲーム制作の経験が蘇り、PCに向かい続けるより会議で皆と話合ったりアイディアを出して形作るような仕事がしたいと思い、方向転換しました。

就職活動の軸は大きく3つありました。「自分が業務に携わる想像がつくか」「自分がやりたい仕事か」「成長が期待できるか」です。 特に「自分が業務に携わる想像がつくか」を一番大切にしていました。やりたい仕事であっても、自分の能力や相性、経験とかけ離れていて想像がつかない仕事に就くよりも、活躍がイメージできる仕事や企業の方が力を発揮しやすいと考えました。

3つの軸に合致する就職ができて、本当に嬉しい気持ちでいっぱいです。


ーG2 Studiosに入社する決め手は何ですか?

S.K
まずは、社内の雰囲気や社員のみなさんの人柄です。説明会・面接を通し、真摯に対応される社員の方の姿勢や、仕事をする上で居心地の良い雰囲気に惹かれました。多くの就活生がいる中で、一人ひとりに丁寧な対応をしてくださり、G2 Studiosの人たちは何事にも誠実で真剣なんだと感銘を受けました。

また、会社としての成長性、社員のみなさんの向上心の高さも決め手になりました。チャレンジできる環境が充実している会社であることは知っていましたが、内定者として招待していただいた全体会議でも、社員一人ひとりが楽しく、かつ目標を持って働いていると改めて感じたので、「一日でも早く一緒に仕事がしたい」と働くことが楽しみになりました。向上心をもった先輩や仲間が周りにいる環境は刺激になります。成長する先輩たちを追いかけて、自分も成長し続けたいです。


ー入社後の目標はありますか?

S.K
まずは、プレゼン能力や分析力、伝達力のような基礎能力の向上に努め、自分の業務を一通り不備なく完遂できるようになろうと思っています。しっかり基礎を固めて、ゆくゆくは後輩の育成や自身が培ったノウハウの共有などを行えるようになりたいです。

また、長期的な視点としては、「こいつはできる」と思われ、色々な人に頼られる存在になることが目標です。そのために特に、ゲームのクオリティを担保することには妥協しないつもりです。仲間が力を合わせて作り上げた「面白い」を、100%ユーザーに届けられるようなクオリティに仕上げることを意識して仕事に臨もうと思っています。


ー就活生の皆さんにメッセージをお願いします!

S.K
これはゲーム業界に限った話ではありませんが、「自分に嘘をつかない」で就職活動に取り組んで欲しいと思っています。

就職活動は、学生と会社が互いにアピールして想いが通じて……という恋愛に似ているところがあります。相性や相手の気持ちがあるので、結果だけを見て一喜一憂する必要はなく、自分の気持ちに正直になって全力を尽くすということが大切なのだと思います。自分を良く見せようと嘘をついたり、条件だけを見て自分の気持ちを偽って会社選びをすると、入社後にギャップを感じて後悔してしまうと思います。「ここで働きたい!」と思うところに全力を出して欲しいです。

もし、G2 Studiosにご縁があれば、一緒に楽しく働きましょうね!

S.Kさんの活躍が楽しみです!

▼G2 Studiosでは一緒に働く仲間を募集しています!

 ▼イベント情報/その他の最新情報はTwitterより発信しています!

https://twitter.com/G2Studios_PR





みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!