見出し画像

23卒内定者インタビュー/UIデザイナー/ゲームの魅力を引き出すUIデザイナーになりたい

G2 Studios株式会社

G2 Studiosでは新卒採用を行っています。
今回は2023年4月入社予定のデザイナー内定者をご紹介します!

N.C
東京コミュニケーションアート専門学校
ゲームグラフィック&キャラクター専攻に所属し、キャラクターイラスト、背景イラスト、UIデザイン、3Dモデル制作など、ゲームに関するデザインを幅広く学ぶ。

オンラインでインタビューを実施

自己表現をするアーティストではなく
課題解決をするデザイナーでありたい

ーUIデザイナーを目指したきっかけを教えてください。

小さい頃から外で遊ぶことより、室内で絵を描くのが好きな子どもでした。高校もデザイン科のある工業高校を選び、大好きな絵を描くことを続けました。それまで絵画コンクールで入賞したりもしていましたが、デザイン科にはやはり猛者が集まっていて、力の差を感じて驚いたことを覚えています。周囲との差を埋めるために、色々な人にアドバイスをもらうようにしました。たくさんの批評をもらい、時にはボコボコにされながら、自身の腕を磨きました。
そういった経験から、自己表現を目的とする「アーティスト」ではなく課題解決を目的とする「デザイナー」でいたいというのが私のスタンスとなり、「独りよがりにならず、周りの声に耳を傾けるとデザイナーとして成長できる」ということが現在も大事にしている考え方となっています。

職業としてのデザイナーへの意識が高校時代からあったので、専門学校を選ぶ際は、授業内容や課題の充実度と合わせて、就職活動のサポートが充実していることも重視しました。UIデザインに絞ったのは、2年生の後半になってからです。きっかけは「ゲームキャラクターも魅力的だけど、UIデザインはユーザーが無意識に一番触れるところ」と先輩から話を聞いたことです。そこからUIについて考え、その魅力を知るようになりました。ゲームUIは、例えるならプレゼントのラッピングです。ラッピングに工夫することで、よりドキドキ・ワクワクする演出を加えることができます。UIデザイナーは、ゲームの魅力をどう引き出すかを考えてこだわりを詰め込み、ユーザーの一番近い場所でその魅力を伝えられる素晴らしい仕事だと思っています。

技術的にも精神的にも成長を実感
オリジナル女性向けゲームの開発に尽力

ー学生時代はどんなことに力を入れましたか?

プランナーやプログラマーの方とともにチーム単位でオリジナルの女性向けゲーム開発に取り組んでいます。 私は主に、UIデザイン、キャラクターイラスト、メインビジュアル、スチルイラストなどグラフィック部分を幅広く担当しています。
 
お互い学生同士で、やりたいことがうまくまとまらず、見た目を重視したいプランナーと、視認性や操作性を重視したいデザイナーとで意見が折り合わないタイミングがありました。見た目の華やかさ・かわいらしさはすぐに伝わりますが、機能的な部分はすぐには理解しにくい部分なので、「どういう理由でこのデザインになっているか」を丁寧に説明して解決していきました。

私は、思い通りにいかない時こそ「自分が今できること以上のものを引き出したい」「よりよいゲームにしたい」という思いが高まるので、このチーム開発を通じて技術的にも精神的にも成長できたと感じています。 現在も完成に向けて鋭意制作中なので、最後まで全力で取り組んでいきたいと思います。

新しいことに挑戦できる環境が魅力
「この人たちと共に働きたい」と心から思えた

ーG2 Studiosに決めた理由を教えてください。

就職活動の企業選びでは、「新しいことに率先して挑戦していく姿勢があるかどうか」を特に重視しました。ゲーム業界全体が変化し、成長していることもそうですが、何より私自身がたくさんのことを知り、色々なことに挑戦したいと思っているためです。「すごい!知らなかった!」という感覚がとても好きで、仕事でもたくさんの新しい挑戦をしていきたいです。

G2 Studiosは運営タイトルを通じて知っていたので、もともと第一志望として就職活動をしていました。さらに、企業研究を行っていく中で挑戦的な姿勢があると感じ志望度が高まりました。また、面接がとても印象的で、今まで受けたどの面接よりも楽しく、のびのびと会話をすることができました。事前課題やポートフォリオを見ていただきながらデザイナーの方ともじっくり話すことができ、選考を通じて「この人たちと共に働きたい」と心から思えたことが、最終的な決め手になりました。

ー入社後の目標を教えてください。

まだまだデザイナーとして未熟なところがたくさんあると感じているため、まずは色々な経験を通して、技術も知識も貪欲に吸収していきたいと考えています。
いずれはプロジェクトを率先して引っ張っていける一人前のデザイナーとして活躍出来たらと思っています。ゲームの仕組みや設計を考慮してデザインしたり、逆にデザイン面から仕組みの部分にも意見できるようになっていきたいです。早速、Unityの勉強を始めるつもりです!


N.Cさんの入社、活躍が楽しみです!

▼採用情報全般はこちら

▼UIデザイナーの応募要項はこちら

▼これまでの内定者インタビューはこちら


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!