見出し画像

G2 Studios、公式noteはじめました

はじめまして!東京・渋谷にて、ゲームアプリの企画・開発・運営をしているゲーム会社、G2 Studios株式会社(読み:ジーツースタジオ)です。

これまでコーポレートサイトでブログを運営してきましたが、もっと多くの方にG2 Studiosを知っていただき、ゲームというキーワードを通して多くの方々との繋がりを深めていきたいという想いで、noteをはじめることにしました。

実は3月からnoteをはじめていまして、コツコツと過去のブログ記事を移行していましたが、この記事を以って、今後はnoteを軸に、G2 Studiosのことをどんどん発信していきたいと思います!

G2 Studiosがどんな会社か、わからない方もいらっしゃると思いますので、まずは自己紹介をさせていただきます!

何している会社なの?

G2 Studiosでは、スマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運営までの一連の工程を行っています。大手ライセンサーやゲームメーカーとのパートナーシップ戦略で企業の枠を超えて1つのチームとなり、多様なユーザーニーズに応えるゲーム創りに取り組んでいます。

そして最近は、研究開発にも力を入れています。アートチーム、3Dチーム、有志のチームなどで、新しい技術を取り入れながらゲームを創っていたり、個人に対しても業務時間を研究開発に充てることを認める制度があったりします。

▼研究開発についての記事はこちらのマガジンにまとめています

めまぐるしく進化し続けるゲーム業界の中で、より驚きや楽しさを追及したハイクオリティなゲームを提供するために、日々、挑戦し続けています。

G2 Studiosの成り立ち

G2 Studiosの前身は、ギークス株式会社のゲーム部門です。2012年にギークスのゲーム事業がスタートしてから、数々のゲームの開発を手がけ、メンバーを増やしながら着実に事業規模を拡大してきました。

そして、ギークスのメイン事業であるIT人材事業と、ゲーム事業のブランディングを明確にし、ゲーム事業をさらに大きく展開していこうと、ギークスのゲーム部門が開発・運営するタイトルに関連する事業を承継し、2018年5月に、ギークスのグループ会社「G2 Studios株式会社」が誕生しました。

ギークスとG2 Studiosのロゴを比較してみてください。似ていませんか?

画像1

orange(基本)

G2 Studiosという社名には、「geechs」 と「game studios」の2つの意味が含まれています。右上の双葉マークは、「ギークスから生まれたG2 Studiosとしてさらに成長していく」という想いを表現しています。

ギークスのグランドビジョン「21世紀で最も感動を与えた会社になる」をしっかりと受け継ぎ、G2 Studiosとして新たに掲げた「アソビ創造集団。」というビジョンには、メンバー一人ひとりがゲーム創りに熱狂し、楽しみながら成長していくことができる会社でありたいという想いが込められています。

創り手である私たちのワクワクする気持ちや楽しいという感情が、開発するゲームにも強く映し出されて、人のココロを動かす力になると考えています。

ゲーム創りにとどまらず、チームを創ること、組織を創ること、全ての創ることを楽しむ「アソビ創造集団。」を目指しています。

noteで伝えていきたいこと

ここまでG2 Studiosの歩みをざっくりお伝えしましたが、今後はもっと深く、G2 Studiosが大切にしていること、メンバー一人ひとりのストーリーや想い、日々の会社の様子などを綴っていきたいと思っています!

これからよろしくお願いします!

コーポレートサイト:https://g2-studios.net/
Twitter:https://twitter.com/G2Studios_PR
Facebook:https://www.facebook.com/G2Studios.inc/

画像3


この記事が参加している募集

自己紹介

14
ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式note。「アソビ創造集団。」をビジョンに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供するべく挑戦し続けています。

この記事が入っているマガジン

G2×CULTURE
G2×CULTURE
  • 25本

G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。