見出し画像

互いを讃えあい、さらなる進化を-2020年度上期オンライン全体会議

先日、ギークスグループオンライン全体会議を開催しました。毎年、全体会議は外部の会場を利用し、ギークスグループの全社員が集まる形式で実施していました。しかし今年度は、ギークスとG2 Studiosのの2部制をとり、オンラインで開催しました。オンラインでも盛り上がりや一体感を生み出したいという思いを込めて実現した、G2 Studios全体会議の様子を紹介します。

オンライン全体会議の準備

画像1

▲全体会議当日のリハーサル風景

今回の全体会議は、2020年期初に代表 曽根原から発表された今期のスローガン「Link ONE GEECHS」をテーマとしました。前回のオンライン表彰式の良かった点や課題点を踏まえながら、視聴者が一体感を持てるような雰囲気づくりに尽力しました。また、必要最少人数での運営を心掛け、準備を進めました。

■運営チーム
<当日>
司会:2名(広報+代表 曽根原)
zoom運営:2名
<前日>
スライド等デザイン:1名
動画作成:1名

■運用ツール
zoom

■プログラム
・開始の挨拶
・G2 Studios代表 桜井による上期振り返りと下期に向けた発表
・Buddy賞受賞式
・ギークスグループ代表 曽根原からの締めの挨拶
・記念撮影

画像2

▲配布したバーチャル背景(G2 Studios開催用)

事前にオンライン全体会議用に作成したバーチャル背景をメンバーに配布。参加する場合はこちらを背景に設定して臨んでもらうようにアナウンスをしました。
また、ギークスグループでは通常はオンライン会議ツールはmeetを使うことのほうが多いため、zoomの使用に不安がある人向けにレクチャーや設定確認ができる時間を設け、zoomでの参加に不安がないような取り組みも行いました。

画像3

配信は会議室を使って行いました。バーチャル背景を設定しても司会2名がクリアに映るように、ブルーシートを貼ったり、ネットワーク環境を確認するなど着々と準備を進めていきます。

オープニング動画で本番スタート!

画像4

2020年1月から撮りためていたメンバーの思い出の写真や、グランドビジョンなど会社を表すキーワードがちりばめられた動画から、オンライン全体会議がスタートします。

画像5

司会のG2 Studios代表 桜井と広報 Anzaiが鮮やかなバーチャル背景と共に登場。zoomのチャットには司会への激励など温かいコメントが次々に投稿され、視聴しているG2 Studiosメンバーの盛り上がりも徐々に高まります。

代表 桜井による上期振り返りと下期に向けた発表

画像6

▲発表スライド(一部)

代表 桜井からの発表では、無事に上期を乗り越えたことへのメンバーへのねぎらいや、「良い結果を出し続けながら、世界的なタイトルを出してさらに飛躍していきたい」という熱い思いが伝えられ、真剣に聞き入るメンバーの様子が見受けられました。

2020年度上期Buddy賞 発表!

画像7

Buddy賞は、「挑戦」「楽しむ」「成長」というギークスサイクルを体現し、「10の心得」を実践することで、組織への貢献度の高かったメンバーに贈られる賞です。受賞者は社員投票をもとに選出されます。

G2 Studiosの受賞者は代表 桜井から1人ずつ発表され、各受賞者に対する社員投票からの推薦コメントが読みあげられます。

画像8

▲社員投票のコメントから抜粋したメッセージ

受賞者の名前が読み上げられるたびに、zoomのチャットも大盛り上がり!「おめでとう」「いつもありがとう」「888888(拍手を表現しています)」と称賛や感謝のコメントが瞬く間に溢れかえります。

画像9

続いて、共に頑張っているメンバーから受賞者へのお祝い動画が流れます。受賞者の人柄や仕事ぶりがわかるのはもちろん、お祝いコメントを話す人たちが工夫を凝らした、バラエティに富んだ内容の動画が続きました。

画像13

受賞者からのスピーチでは、上期を乗り越えてきた今の思いや今後の意気込み、支えてくれたメンバーへの感謝の気持ちが伝えられました。

画像11

改めて受賞者のみなさんおめでとうございます!受賞者のインタビューは後日ご紹介予定です。ぜひそちらもご覧いただけると嬉しいです。

▼前回の受賞者インタビューはこちら

グループ代表 曽根原からの締めの挨拶

画像12

受賞式を終え、曽根原からG2 Studiosのメンバーにメッセージが伝えられました。

曽根原:

お疲れさまです。G2 Studiosらしさがある全体会議でした。
受賞者やお祝い動画を見ていると、久しぶりに見る顔や、まだ直接会えてないメンバーもいて、G2 Studiosという組織が大きく成長していることを実感しています。
ゲーム事業は、関わるプロジェクトによって違いはありますが、特に新規開発案件に従事しているメンバーは制作期間が長くなっているため、半年間での大きな変化は感じづらいかもしれませんが、毎週の経営会議で、日々の皆さんの頑張りを聞いています。

リモートワークの中でコミュニケーションの難しさを感じている人も多いと思います。withコロナの状況はこれからも続いていくでしょう。コロナ有無に関係なく、この新しい働き方に順応し、プロジェクトチームとして進化を遂げて欲しいと思っています。

これからの5G時代、ゲーム分野においても、広義の意味でより高いクリエイティブが求められると思います。こうした流れをしっかりキャッチアップして、まずは「ゲームを制作してほしい会社No.1」となり、そして世界で認められるゲーム会社を目指していきましょう。これからの進化に期待しています。日々の挑戦を楽しんで、しっかり成長につなげていきましょう。
上期は本当にお疲れ様でした。

オンライン全体会議を終えて

画像13

▲参加者全員を撮影した記念のキャプチャ(一部)

オンライン全体会議終了後の社員アンケートでは、満足度が高い結果となり、数々の温かいコメントが集まりました。

・皆がコメントで盛り上がる雰囲気だったのはとても良かったです。このような社員同士が関わる機会が減っているので、交流が取れる形がうれしかったです。
・オンラインならではのコメントの一体感もあり、画面を見つつ会社内で声をかけあったり拍手したり、会場よりも社員の距離が近くなったような気がしました。

その一方で、アンケートには「やはりリアルな場で集いたい」という思いも寄せられました。新しい働き方に移行する中で、社内コミュニケーションをどのように取っていくべきか、まだまだ検討の余地があるのだと認識する機会となりました。

半年後どのような状況下にあっても、変化し進化を続けるギークスグループらしさを、社内コミュニケーションにおいても体現していきたいと思っています。

\一緒に働く仲間を募集しています/


この記事が参加している募集

オープン社内報

宜しければシェアお願いします♡
7
ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をビジョンに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!

こちらでもピックアップされています

G2×CULTURE
G2×CULTURE
  • 32本

G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。