見出し画像

中部大学春日丘中学校の生徒の皆さんが企業訪問をしてくださいました!【中学生企業訪問レポート】

G2 Studiosでは、将来のゲーム業界を支える人材の育成に貢献したいという想いから、ゲーム業界を志す大学生・専門学校生のインターンシップの受け入れ、中高生の職業人インタビュー対応など、キャリアの選択肢を増やす取り組みを進めてきました。
その一環として、クリエイターに興味がある中部大学春日丘中学校の生徒6名の職場訪問を受けた当日の様子をレポートします!


<ゲーム業界やゲーム開発の流れについて>

当日はエンジニアや元プランナーの研修担当が参加し、ゲーム業界やG2 Studiosの紹介ののち、ゲーム開発について話しました。
ゲーム開発には様々な職種のクリエイターがチームにいること、どんな工程を経てゲームが作られていくのかを紹介しました。
G2 Studiosはスマートフォンアプリ向けのゲーム開発を行っており、ゲームの開発だけでなくリリース後の運用があることが大変でもあり、ユーザーに長くゲームを楽しんでもらえることができることをお伝えしたところ、深く頷いている方もいらっしゃいました。

▼当日使用した資料(一部)

※中学生の皆さんへ分かりやすく伝えるために職種名を調整しております。G2 Studiosの現場での職種名と多少異なるものがございます。


<質疑応答>

ゲームクリエイターの職種や開発工程について話をした後に、
事前に生徒の皆さんからいただいていたご質問に沿う形で話を進めました。
ゲームづくりを仕事にするということは自分が作りたいゲームを作るのではなく、ユーザーが面白いと思えるゲームを作る事であり、そのゲームを通じてユーザーが喜んでくれることが一番うれしいことであるとお伝えました。
ゲーム業界を目指す人には、さまざまなゲームをたくさん遊ぶことをおすすめします。
自分たちがつくる物のことをよく知るためには、世の中にあるゲームをたくさん遊んで分析することが大事で、それを元に「こうしたらもっと面白くなりそう」という想像をすることで、ゲーム作りのアイディアの引き出しを増やせます。


▼エンジニアや研修担当者(元プランナー)がゲーム開発・運用の醍醐味を語る

▼こちらの質問以外にもたくさん質問をいただきました

「学生時代と社会人になってからどちらのほうがより楽しいと感じますか」という質問を頂いたときは、どちらも楽しかったが社会人になってから自由があって楽しいと答える社員もいれば、学生時代のほうが楽しかったと答える社員もいました。社会人のほうが大切というわけではなく、学生時代にしか楽しめないこともあり、その学生時代があったからこそ今が楽しいと思えている人がきっとG2 Studiosには多いと思います。

G2 Studiosには学生時代からゲームクリエイターを目指して専門学校に通った人もいれば、ゲーム業界とは異なる分野を学んできた人もいますが、
共通して言えることはユーザーを楽しませたいという熱意が高い点だと思います。
今回、職場訪問に来てくださった生徒皆さんの未来に、ゲームクリエイターがあると嬉しいかぎりです。

<登壇した社員からの一言>

研修担当(元プランナー):

ゲーム開発の流れや職種の話もしましたが、私たちが学生時代にやってきたことや、どういった経緯でゲーム業界に就職したかにも興味を持ってくれて嬉しかったです。
また、将来について考える中学生たちを見て純粋に「凄いな」と思いました。
お恥ずかしい話ですが自分が中学生のときは、将来やりたい仕事について考えられていませんでしたし、その当時からオンラインゲーム廃人だったから運よくゲーム業界に入れたようなものでした。
中学生の皆さんにはぜひ今のうちにたくさんのことを経験し、自分にとって「人一倍頑張れる!」というものを見つけて欲しいなと思います。それがきっと皆さんのやりたい仕事に繋がると思います。

クライアントリードエンジニア:

自分が中学生の時と比べてとても大人だなと感じました。
自分が中学生の頃は部活と明日のことしか考えていなかったので、尚更そう感じました。
また、メモをタブレットで取っていたのが時代を感じられてとても印象に残りました。
まだまだ将来を考える時間はたくさんあると思うので、その中で自分が頑張れる仕事を見つけて社会人になっても楽しく生活してもらいたいなと思います。

<参加された生徒の皆さんよりメッセージ>

今回の企業訪問により、多くのことを知ることができました。
その中でも印象に残ったことは、ゲームをつくるには、企画・エンジニア・デザイナーといったさまざまな役割があり、企画→リソース作成→ゲームデータ作成→レビューの流れを何回も繰り返す、ということで、その1つ1つに多くの時間がかかるということに驚きました。
他にも、ゲーム業界を目指すために、色々なゲームをしたり、それ以外のことにも積極的に挑戦することが大事だと知りました。
このことを踏まえて、今のうちにできることをやって自分の理想の職業につけるよう頑張りたいです。これからもお体に気をつけて、多くの人が楽しめるゲームを作っていってください。
この度はありがとうございました。

<中部大学春日丘中学校 金枝先生よりメッセージ>

ゲームを作るにも色々な分野があること、やることの多さや実際に作っておられる方の思いなどに触れることができたようで、生徒たちには大きな学びになったようです。
ご多忙の中、本当にありがとうございました。

生徒の皆さんのキャリア選択の一つになれば嬉しく思います。

▼G2 Studiosについて

▼小・中学生向けのプログラミングスクールと提携したゲーム開発の体験会


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

X(Twitter)にて最新のお知らせを配信しております。ぜひフォローしてください!