「全力で取り組むことで、自ら仕事を楽しんでほしい」ー2021年度入社式で代表が伝えた想い
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「全力で取り組むことで、自ら仕事を楽しんでほしい」ー2021年度入社式で代表が伝えた想い

2021年4月1日、ギークスグループではIT人材事業本部に11名、ゲーム事業推進室(G2 Studios)に8名の計19名の新卒社員が入社しました。2021年度新規学卒者入社式を執り行いました。今回は、ゲーム事業推進室のメンバーに焦点を当て、ご紹介します。

なお、入社式においては、新型コロナウイルス感染症の予防を徹底し行いました。全員マスクを着用するのはもちろんのこと、参加者は最小限にとどめ、3密を避けながら実施しました。

先輩社員からの祝辞

役員の拍手に迎えられ入場した新入社員。ギークスグループの一員となることへの期待と、新社会人となることへの緊張を感じさせる雰囲気の中、入社式がスタートしました。先輩社員を代表し、2020年度新卒社員のR.Sが、昨年1年間の自身の経験を踏まえて、お祝いのメッセージを送ります。

画像1

R.S:

皆さん、ご入社おめでとうございます。私の経験から、社会人1年目を迎えるにあたり大切にして欲しいことを3つお伝えしたいと思います。

1つ目は、仕事を楽しむことです。仕事を楽しむことの出来る人と出来ない人の差は、受動的か能動的かの差だと思っています。与えられた仕事だけを淡々とこなすのではなく、その仕事をする理由や目的を考え、自分の役割を見つけていくことが、仕事を楽しむために欠かせないことだと、私はこの1年間で実感しました。皆さんも能動的に仕事に取り組み、ギークスグループでの役割を見つけることで、ぜひ「楽しい」と思える瞬間を増やしてください。

2つ目は、常に発信し続けることです。新しい意見は「まだ一般的ではない」という理由で受け入れられないことがありますが、ギークスグループはそうではありません。それぞれの意見を許容し、尊敬し合うメンバーばかりです。先輩方は、皆さんの斬新な意見や、新しい考えを求めています。ですから、今の自分に何ができるのか、どうしたらチームや組織に貢献できるのかを考え、遠慮せずに発信してください。新卒の皆さんだからこそ、出来ることが必ずあります。

3つ目は、人との繋がりを大切にすることです。皆さんは、これから新しいことに挑戦していきます。初めてのことばかりで、プレッシャーや不安を感じることもあると思いますが、周りには頼れる先輩方がいること、同期の仲間がいることを忘れないでください。「こんな人になりたい」や「こんな仕事ができるようになりたい」などそれぞれが掲げる目標は違うと思いますが、ギークスグループが目指すグランドビジョンは「21世紀で最も感動で与えた会社になる」の1つ。私たちはそれを実現するための大きなチームです。時には頼り、頼られ、そしてお互いに感謝し合い、共に頑張りましょう。

これから一緒に働けることを本当に楽しみにしています。一緒にギークスグループを盛り上げていきましょう。

新入社員挨拶

ゲーム事業推進室の新卒社員8名を代表し、M.Sが挨拶をしました。ギークスグループに入社した理由、そして今後の決意を、役員・先輩社員・同期社員に向け、自分が大切にしている価値観を体現する工夫を凝らしながら伝えます。

画像2

M.S:

本日はこのような式を設けていただき、ありがとうございます。

私がゲームクリエイターを目指すきっかけとなったのは、東日本大震災でした。私が住んでいた地域の住民は、原子力発電所の事故による影響で、数日間体育館で過ごすこととなりました。避難生活で不安も大きくなる中、そんな気持ちを忘れさせてくれたのがゲームでした。あの時の私はゲームに救われていました。こうした体験から、私もゲーム制作を通して人を「楽しませたい」、そして、人を救うことが出来ればと思い、ゲームクリエイターになりました。

この度、入社式での挨拶という貴重な機会をいただきました。そこで、この場にいる先輩方、同期、そして自分も「楽しめる」ようなことがしたいと考え、同期の名前の頭文字を並べて目標を立てました。

み:みんなの
は:ハートを掴むようなゲームを作る
ち:力をつけるために
じゅ:充実したコミュニケーションと
け:献身的な努力を惜しまず
り:理屈で解決できない問題に直面しても、同期同士で支え合い、
の・り:乗り越えていきます

これからも「楽しい」という感情を大切にしながら、同期一同、精一杯頑張ります。どうぞよろしくお願いいたします。

代表曽根原の祝辞

画像3

Sonehara:

ギークスグループへの入社、本当におめでとうございます。グループ社員一同、皆さんを迎えられたこと、心から嬉しく思っています。

約1年前、新型コロナウイルス感染拡大の影響は、私たちの社会のあり方や日常を大きく変えました。そして、コロナ禍も後押しし、今は「デジタル革新」と呼ばれる大きな時代変革を迎えています。様々な分野で技術革新が進み、あらゆる物がインターネットに繋がる時代は、個人の生活から企業組織、国家、世界の在り方まで激変させています。そんな激変する時代に、皆さんは社会人としての第一歩を踏み出しています。

しかし、これは今に始まった話ではありません。皆さんが生まれてから今までの約20年間も、変革の時代だったと感じています。今や誰もが知っている、アメリカのGAFAM、中国のアリババやテンセントなど、この20年の間に急成長した新興企業が軒並み産業のトップに躍り出てて、世界市場を牽引しています。もちろん日本でも、ベンチャー企業から時価総額が1兆円を超える企業も生まれました。

何を伝えたいかと言うと、皆さんが入社したギークスグループは、設立したばかりのベンチャー企業でも、未上場企業でもありません。昨年4月に東証一部に上場した会社ではありますが、まだ先ほど挙げたような株式市場で市場を牽引する企業に並ぶ会社でもありません。ただ、様々なことに挑戦しやすい環境であり、先ほど挙げたような企業を目指せるポテンシャルを大いに秘めている企業ではあります。

この秘めたポテンシャルを発揮し、今後私たちがより成長していくために一番重要なファクターは「一緒に働く仲間」だと私は考えています。その想いのもと、本日、皆さんを迎えています。

今まで皆さんが生きてきた20年間と同じ時代を、私も生きています。しかし、インターネットネイティブ世代である皆さんは、私とは違う景色で、今の世の中、そして未来を見ているだろうと感じています。

次のギークスグループの成長には、私たちの経験も必要ですが、皆さんのような新しい価値観・感性が必要になります。皆さんが成長することによって、近い将来のギークスグループは、先ほど挙げたような企業になり得るということです。

ギークスグループでは、IT人材事業・Seed Tech事業・ゲーム事業・x-Tech事業と、様々な事業に取り組んでいます。これまでは、これらの事業で躍進を遂げてきました。しかし、この先も「同じやり方」で「同じこと」だけに取り組んでいくのであれば、間違いなく衰退します。

この20年間で世の中・人の価値観が激変してきたように、これから先20年もまた激変するでしょう。そのため、私たちも時流に合わせて進化していかなければ、成長はありません。

その原動力となるのが、皆さんです。私たちは、決まったことだけを続ける会社ではありません。皆さんの意見を取り入れて、ギークスグループの成長に繋げていきたいと思っています。

これから始まる社会人生活。困難な局面も多々あるでしょう。正直、仕事が面白いわけではありません。本気で仕事に取り組むことで、面白くなり、楽しむことができます。本気で取り組むと、困難さえ楽しくなるものです。皆さんには、そういう働き方をしてもらいたいと思っています。

私自身も、何事にも常に全力で取り組んでいます。ぜひお互い本気になって仕事楽しみ、これからのギークスグループの成長に貢献していきましょう。

曽根原のメッセージを噛みしめるように聞き、きりっと引き締まった表情の新入社員たち。ギークスグループに新しい風を吹き込んでくれるみなさんの、今後の活躍を期待しています。

▼G2 Studiosでは一緒に働く仲間を募集しています


宜しければシェアお願いします♡
ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をビジョンに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!