見出し画像

G2 Studiosで働くメンバーの1日に密着~エンジニア編~

※この記事は2019年3月に公開したものです。

G2 Studiosのメンバーが、出社してから退社するまで、どのようなスケジュールで仕事をしているのか聞いてみました。今回はクライアントエンジニアの1日を紹介します。

密着したのは…

画像1

クライアントエンジニア R.H
大学卒業後、システムの設計、開発、運用・保守などを行うSI企業に入社し家電系販売システムの保守を担当。趣味で開発していたiPhoneゲームアプリをリリースしたことがきっかけでゲーム業界を志す。2012年にギークスに入社し、クライアントエンジニアとしてリズムゲームの立ち上げに参画。その後数々のゲームの立ち上げに携わり実績を重ね、現在はリードエンジニアとして活躍するほか、採用や若手育成も担っている。

1日のスケジュール

11:00 出社・朝会

出社後まずはその日のスケジュール確認や、メール・ビジネスチャットツール(slack)に届いている用件の確認を行います。その後11時半から所属しているプロジェクトの朝会に参加します。朝会ではチームメンバーのスケジュール確認、勤怠などの連絡事項の共有が行われます。

12:00 デスクで業務

画像2

朝会後はプロジェクト管理ツールを使ってタスクを確認し業務を進めます。リードエンジニアとして、エンジニアメンバーの業務分担や仕事内容のチェックも行います。

13:00 昼食

画像3

コンビニで購入してオフィスで昼食をとります。オフィスの周りは飲食店が多いため、気分転換に外食をすることもあります。

13:40 昼寝

画像4

食後は20分ほどの仮眠を取ります。短い時間ですが、リフレッシュになりすっきりした状態で午後の仕事に臨めるため、4年ほど前から続けている習慣です。

15:00 ミーティング

ゲーム内の新しい機能についてのミーティングを行います。ミーティングはだいたい週に1~2回。その後はデスクに戻って業務の続きを行います。

17:00 リードエンジニア定例ミーティング

隔週で実施している、各プロジェクトのリードエンジニアが集まるミーティングです。プロジェクト間の情報共有や、発生した問題とそれに対する解決施策の検討などを行います。

19:00 夕会

画像5

同じプロジェクトのクライアントエンジニアで行う共有会です。それぞれの業務の進捗確認や、何か困っていることがないか確認をする場として毎日行っています。

21:00 帰宅

帰宅後は奥さまと夕食をとり、ゲームをしたりのんびり過ごします。早く帰った日は愛犬の散歩に出かけることも。

インタビュー

画像6

ー仕事のやりがいを教えてください

色々ありますが、例えば複雑に絡み合っている事象を1つの動作で簡単に済むような実装にできた時など、ゲームのロジックを気持ちよく作れたときにやりがいを感じます。また、新しい機能をつくっている時も楽しいですね。「どうやってつくっていこう」と考えている時も、実際にそのシステムが作れて動いた時も楽しいです。

ー仕事を進める上で大切にしている事は何ですか

若手の育成ですね。一緒に働いている若手が成長するきっかけを作りたいと思っていますし、若手の成長がプロジェクトをより上手く進行する力になれば嬉しいです。新しい機能追加の仕事は、デザイナーやプランナーとのコミュニケーションが多く発生するので学べることも多く、積極的に任せています。時には課題をつくって渡したりなど、彼らがどうしたら成長できるかを色々と試行錯誤しています。ゲームのレベル上げをしている様で楽しいです(笑)

ーG2 Studiosの好きなところを教えてください

しっかりと仕事を進めていれば、時間の使い方などを個人の裁量に任せて働けるところです。また、和気あいあいとした雰囲気で働ける環境も魅力的だと思っています。社長がとてもフランクに接してくれますし、メンバーとも楽しく働いています。そんな環境に、豊富な経験値や高い実力を持った人たちがどんどん入社をしてくれているので、これから更に面白いゲームをつくっていけるのではとワクワクしています。

R.Hさんありがとうございました!以上、エンジニアの1日密着レポートでした。

\ほかの職種の1日の流れについてはこちら/



画像7


3
ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式note。「アソビ創造集団。」をビジョンに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供するべく挑戦し続けています。

この記事が入っているマガジン

G2×MEMBER
G2×MEMBER
  • 10本

G2 Studiosで働くメンバーの想いなど、様々な職種の個性あふれる仲間を紹介します。