見出し画像

選択した方を良くしていけばいいー。2021年度新規学卒者内定式で代表が伝えた想い

ギークスグループでは、10月6日(火)に、2021年度新規学卒者内定式を執り行いました。

例年は、社内イベント「全体会議」にて内定式を執り行っていますが、今年はコロナ禍で全体会議がオンラインでの開催となったため、内定者が、ギークスグループで働くメンバーや同期となる仲間と対面で集まれる機会がありませんでした。

来年4月からギークスグループの一員として迎えることを祝福するともに、同期になる仲間と顔を合わせてお互いの人となりを知れる機会をつくりたいという想いから、内定式を執り行いました。今回は、G2 Studios の内定者に焦点を当て、ご紹介します。

なお、内定式においても、感染予防を徹底し行いました。全員マスクを着用するのはもちろんのこと、参加者は最小限にとどめ、3密を避けながら実施しました。

来年4月にギークスグループの新しい仲間となる内定者を、代表曽根原をはじめとする役員陣が拍手で迎えます。会場に入場すると、とても清々しい緊張感に会場は包まれ、内定式が始まりました。

内定者代表の挨拶

G2 Stuidios の内定者を代表してJ.Sが内定証書を代表曽根原から受け取り、挨拶をしました。G2 Studios への入社を志望した経緯や今後の意気込みを、力強く伝えます。

画像1

J.S:本日はお忙しい中、このような貴重な場を設けていただき、誠にありがとうございます。

私は幼いころから遊ぶことが大好きでした。デジタルゲームはもちろん、外で遊ぶこと、スポーツをすることなど、小さい頃の私は遊ぶことにしか興味がなかったほどで、「楽しい」を体感することをなによりも大切にしていました。

そんな私が作り手を目指すようになったきっかけは、「オフラインでもオンラインの体験ができる」という画期的なシステム取り入れたゲームを体験し、魅了されたことでした。

私はこの体験を通して、今まで自分がやってきたゲームや遊びがどれほど考えられているのかを知ると同時に、人に楽しさを与える側になれたらどれほど良いことだろうかと感じ、ゲーム業界を志望するようになりました。

私は、ギークスグループの「常に挑戦し続ける姿勢」や「コミュニケーションに重きをおき、個性を尊重する体制」に魅力を感じ、絶対に入社したいという決意のもと、この場にいます。

入社してからは、ゲームプランナーとして、ゲームを通して、常に面白いものや新しいものを追求していき、生み出したゲームの面白さがどこにあり、どのようにしたらその面白さがお客様に伝わるのかを常に考えて、制作に臨みたいと考えています。また、「妥協のない制作」を目標にすると同時に、仲間同士で信頼し合い、お客様に最高の遊びを提供できるよう、同期一同、頑張っていきたいと思います。これからどうぞ、よろしくお願いいたします。

G2 Studios 代表桜井の祝辞

画像2

Sakurai:みなさん、本日はおめでとうございます。

我々G2 Studiosはご存知のとおり、スマートフォン向けのゲームアプリを開発しており、総勢250名ほどの組織になっています。

ゲーム市場の現況を伝えます。10年ほど前は遊び方も単純で2D要素のゲームがほとんどでした。リリース出来ればセールスランキングに入ることも比較的簡単に出来ましたが、今は初速のセールスが全てでクオリティも高く、リリース直後に30位に入るのは至難の業だと言われています。セールスランキングをみると、上位は大手パブリッシャーや海外勢がしのぎを削っており、その中でオリジナルゲームでヒットさせるためには莫大な開発コストがかかり、浮き沈みの激しい状況が続いています。「何か作れば簡単に売れる」というような時代ではなくデータ戦略や高いクオリティが重要な要素となっています。

我々はゲームアプリを制作するのに約2年ほどかけて、魂を込めて作ってます。1プロジェクトに対し、数十名規模となり、たくさんの協力会社も参画し一つの作品を生み出していきます。こうしている間にも、各社から新しいゲームアプリが生まれ、新しい体験を提供しているのです。きっと、みなさんが入社するまでの半年間で、さらに変化していると思います。

非常に速いターンで世の中が回っていますので、この流れには乗っていただきたいと思います。また、IT人材事業本部のみなさんは、取引先に営業に行くと、最新の技術やサービスに触れることがたくさんあると思うので、ぜひこの半年間、いろいろアンテナをはっていただきたいなと思います。みなさんが思っている以上に、世の中の移り変わりは速いです。あっという間に自分が置いて行かれてしまいます。
コロナ禍で環境が変化する中では、我々も初めて経験することばかりですが、スピード感をもって「やる・やらない」の判断をしていかなければなりません。みなさんも社会人になると、物事を自分で判断し、自ら行動していくことを求められます。そのために、これからの半年間では、事前に学べることはしっかりと学んで、来年4月からスタートダッシュを切れるように頑張っていただきたいと思います。

僕は、毎回面接の時に、組織課題や、やりたいけれどできていないことを正直に伝えています。当事者意識を持って、前向きにやりたいことを提案してくれるような方と一緒に働きたいと思っています。会社が何か準備してくれるのを待つのではなく、自ら積極的に参加し、「楽しみながら変革していこう」というスタンスで、頑張っていただきたいと思います。

ギークス 代表曽根原の祝辞

画像3

Sonehara:みなさん、内定おめでとうございます。

コロナ禍での就職活動ということで、みなさんそれぞれ大変な面もあったかと思います。しかし、その中でもこのギークスグループをみなさんが選んでくれたということに感謝するとともに、心から歓迎します。

2020年4月、ギークスは東証一部に市場変更いたしました。日本にある会社約420万社のうち東証一部に上場している企業は0.05%です。その仲間入りができました。なぜ上場できる会社になれたのか?それにふさわしい会社になれたか?それは、今働いているメンバー1人1人が、ギークスへの貢献を考え、自らを成長させてきたからです。その結果、成しえたことの1つがこの東証一部上場です。

一方で、東証一部上場は1つのゴールではありますが、私たちはここをスタート地点だと考えています。今回のコロナのように想定外の困難があっても、企業組織として常に変化することに挑戦し、それを楽しみ、そして成長・進化できるグループを作っていき、更なる成長を目指さなければならなりません。そこで、内定者のみなさんのような、若くエネルギッシュでパワーある力を得て、次のステップに臨みたいと思っています。

私たちの考えとして、会社にとって一番大切な資産は、一緒に働く仲間だと思っています。皆さんの価値を高めることによって、このギークスグループの価値は高まっていく。このように考えている組織です。これから上司になる人や先輩、同期など、様々な人から多くのことを吸収して、みなさんの価値を高めてもらいたいと考えています。
ここにいる役員陣・社内のメンバー含めて、みなさんが成長できる環境をしっかり作っていきたいと考えています。

先ほどの挨拶の中に、「今回の就職活動でギークスグループを選択することに悩みました」というキーワードがありました。私たちは、皆さんに内定を出しましたが、ギークスグループで社会人の第一歩をスタートしようと決めたのは、皆さん自身です。人生というのは常に選択の繰り返しです。その選択のタイミングで、常に正解があると思っている人が多いと思いますが、私はそう思いません。そこには正解はなく「選択した方を正解にする」のです。

皆さんは選考を介して、ギークスグループに入社するという選択をされました。その選択が正しかったのか否かー。先ほどお伝えしたとおり、皆さんが成長できる環境を整えます。ただ、この環境を活かして、この選択を正解にするのは、みなさんたち次第です。

僕らは、一緒に働く仲間を大切にするチームです。是非、この環境を活かして、自分の選択を良かったものにしてもらいたいと思います。

最後に、入社までの時間を有意義に使って、ギークスグループの一員になるマインドセットをしてもらい、また来年4月に皆さんとここで会えるのを楽しみにしています。

画像4

ギークスグループに就職するという、1つの大きな決断をした内定者のみなさん。「この選択をしてよかったと思えるように」という言葉を受けて、やる気に満ち溢れた表情になりました。内定者のみなさんには、残りの学生生活を悔いなく過ごし、期待と希望に満ち溢れて入社日を迎えてもらいたいです。来年の4月から一緒に働けることを、メンバー一同楽しみにしております!


この記事が参加している募集

オープン社内報

宜しければシェアお願いします♡
6
ゲームの企画・開発・運営を行うG2 Studios(ジーツースタジオ)の公式noteです! 我々が「楽しみ」ながら、「ファン」のために、「素晴らしさ」を創造するチームG2。 「アソビ創造集団。」をビジョンに掲げ、ゲーム創りを楽しみながら、新しいワクワクを提供していきます!

こちらでもピックアップされています

G2×CULTURE
G2×CULTURE
  • 32本

G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。