マガジンのカバー画像

G2×CULTURE

57
G2 Studiosの社内イベントや制度について紹介します。
運営しているクリエイター

#ゲーム開発

次世代のゲームクリエイターへ 夢のバトン ~G2 Studios × CodeCampKIDSゲーム開発プロジェクト 体験会~

この度G2 Studiosでは、小・中学生向けのプログラミングスクール「CodeCampKIDS」と提携し、ゲーム開発の体験会を実施いたしました。 ■概要G2 Studiosでは、スマートフォン向けゲームアプリの企画・開発・運営までの一連の工程を行っています。 これまで大学生・専門学生のキャリア選択を支援するべく、学年関係なく参加できるインターンシップや他社様と合同でのゲーム業界に関する説明会を実施してきました。 今回、大学生・専門学生から範囲を広げ、プログラミングを学ぶ小

スキ
14

2022年度入社式/固定概念に縛られず、チャンスを掴める人材に

2022年4月1日、G2 Studiosには9名の新入社員が入社しました。 入社式は、週明けの4月4日にギークスグループ(ギークス株式会社、G2 Studios株式会社、シードテック株式会社)合同で執り行われました。今回は、G2 Studiosの新入社員にスポットを当て、入社式の様子をご紹介します! なお、入社式においては、新型コロナウイルス感染症の予防を徹底して行いました。また、入社式の様子はオンラインでも配信し、多くの社員が新入社員を祝いました。 先輩社員挨拶まずは、

スキ
47

ユーザーの喜びにこだわったゲーム創りを。進化し続けるG2 Studios、代表桜井の想い

2021年5月、ギークスグループとして中期経営計画「G100」を発表しました。 2025年3月に売上高100億、営業利益25億。 G2 Studiosではその内の約半分、売上高50億、営業利益13億を目標としています。 具体的な計画としては、開発ラインに合わせた適切なリソースコントロールの継続実施と年間2~3本のタイトル獲得及び安定運用によるパイプラインの増加で達成を目指すことを掲げています。今回は、G100の達成に向けた代表桜井の想いを伝えていきます。 売上が読めない業界

スキ
48

【オンライン勉強会レポート】ゲーム開発でおさえておきたい権利と法律の話

社内勉強会「ゲーム開発でおさえておきたい権利と法律の話」を開催しました。 今回は、本勉強会の当日の雰囲気と参加者の声をご紹介いたします! 勉強会開催の背景G2 Studiosでは社員が自ら勉強会を主催することが多く、過去に開催した社内勉強会の資料や動画も社員がいつでも見れるように保存されていますが、多くの社員にぜひ学んでほしい内容は定期的に勉強会を行って知識を共有しています。 今回の「ゲーム開発でおさえておきたい権利と法律の話」も過去に実施したテーマでしたが、注目するニュ

スキ
35

【オンライン勉強会レポート】エフェクトデザイナー座談会 -初期設計~開発の流れ編-

2月上旬、社内勉強会「本音で語ろうエフェクトデザイナー座談会 -初期設計~開発の流れ編-」が3Dチーム・アートチームの有志によって開催されました。 今回は、当日の雰囲気と参加者の声をご紹介いたします! 勉強会の様子 ▼リモート勤務のメンバーも参加できるようオンラインで実施 これらの目的を達成するため、勉強会は職種を問わず参加可能とし、結果として約80名が参加。講師役となったのは4名で、始めにエフェクトの初期設定から開発の流れを説明し、そこから主催メンバーがバトンリレー

スキ
38

【社内制度紹介】G'zone(ジーゾーン)/制度を利用して2D→3Dへのジョブチェンジに成功したデザイナーにインタビューしました!

G2 Studiosには社員の自己実現をサポートするユニークな制度があります。 今回は、その中からG‘zone(ジーゾーン)という社内制度をご紹介します。  社内には、この制度を使ってディレクター→3Dモデラーという大きなジョブチェンジに成功した猛者もいます。(学生時代に一定の知識と技術を得ていた社員なので、全くの初心者ということではありません。) 今回は、G’zoneを経てジョブチェンジを果たした女性社員を紹介します。  ▼過去のG‘zone成功者のインタビューはこち

スキ
42

メタバース(バーチャル空間)でリモートワーク中のコミュニケーションも快適に~G2 StudiosのoVice活用事例紹介~

G2 Studiosではコロナ禍をきっかけにリモートワークが導入されました。2021年12月現在も、オフィス出勤とリモートワークの両方の働き方を取り入れながら業務をしています。また、今後もそれぞれの業務の内容や状況に応じた働き方ができるように、出勤とリモートワークを使い分けられる体制で進めていく方針です。 G2 Studiosでは、この新しい働き方に合わせて2021年3月から「oVice」を導入しています。 リモートワークの課題リモートワークの課題の一つに「報連相やコミュ

スキ
54

発芽間近!チャンスを掴み飛躍の1年に:G2 Studiosは設立3周年を迎えました

2021年5月1日、G2 Studios株式会社は設立3周年を迎えました。 「アソビ創造集団。」をミッションに掲げ、新しい組織として走り始めて3年。G2 Studiosのカルチャーに共感し、会社と共に成長しながら歩んでくれる仲間も増えました。 今回はG2 Studiosの組織づくりと目指す未来について、お伝えします。 ■代表 桜井より 3年間を振り返ってみて、あっという間だったなと感じています。 G2 Studiosを設立して3年、辛い事も喜ばしい事も色々ありましたが

スキ
92

【社内制度紹介】G'zone(ジーゾーン)/制度を利用してジョブチェンジに成功したママ社員にインタビュー

G2 Studiosには社員の自己実現をサポートするユニークな制度があります。今回は、G‘zone(ジーゾーン)という社内制度をご紹介します。 【G‘zone(ジーゾーン)】 ジョブチェンジを可能にする制度。希望職種と師匠を宣言し、その想いをプレゼンします。社内承認を得た後は勤務時間の一部を修行期間として利用でき、段階を経て新しい職種での独り立ちを目指します。 社内には、この制度を使ってディレクター→3Dモデラーという大きなジョブチェンジに成功した猛者もいます。(学生時代

スキ
67

【社内制度紹介】G'try(ジートライ)/業務時間の15%までを研究開発に充てることができる制度の活用事例

G2 Studiosには、社員のスキルアップのサポートをする制度が様々あり、その1つに、G'try(ジートライ)という制度があります。 G'tryとは【G'try(ジートライ)】 月の業務時間の15%までを研究開発に当てることができる制度。業務では直接使わない技術の勉強やオリジナルのゲーム開発など、承認を得れば費用をかけて行うこともできます。新しい技術や知識を習得する機会になるため、個々のスキルアップに繋がる取り組みです。 個人で新たな技術について取り組むことがほとんどで

スキ
69

互いを讃えあい、さらなる進化を-2020年度上期オンライン全体会議

先日、ギークスグループオンライン全体会議を開催しました。毎年、全体会議は外部の会場を利用し、ギークスグループの全社員が集まる形式で実施していました。しかし今年度は、ギークスとG2 Studiosのの2部制をとり、オンラインで開催しました。オンラインでも盛り上がりや一体感を生み出したいという思いを込めて実現した、G2 Studios全体会議の様子を紹介します。 オンライン全体会議の準備 ▲全体会議当日のリハーサル風景 今回の全体会議は、2020年期初に代表 曽根原から発表

スキ
43

選択した方を良くしていけばいいー。2021年度新規学卒者内定式で代表が伝えた想い

ギークスグループでは、10月6日(火)に、2021年度新規学卒者内定式を執り行いました。 例年は、社内イベント「全体会議」にて内定式を執り行っていますが、今年はコロナ禍で全体会議がオンラインでの開催となったため、内定者が、ギークスグループで働くメンバーや同期となる仲間と対面で集まれる機会がありませんでした。 来年4月からギークスグループの一員として迎えることを祝福するともに、同期になる仲間と顔を合わせてお互いの人となりを知れる機会をつくりたいという想いから、内定式を執り行

スキ
35

1人の社員の声から「100人超のアニメーターが集まるイベント」が実現した話。

G2 Studiosが所属するギークスグループには、「10の心得」という価値基準があります。この「10の心得」をまさに体現した、とある社員のチャレンジ――100名超の参加者を集めたアニメーターイベント「Spiners MeetUp vol.1」――の舞台裏を今回はご紹介します! ▼ギークスグループ10の心得 ■きっかけは1通のDM2019年11月。締め会の後、1人の社員からDMが届きました。 ※締め会=前月の月次報告会。毎月、月初に開かれる。 ※HRM=ヒューマンリレー

スキ
57

3rdステージに向けて!ミッション・バリューの策定と開発体制の変更

G2 Studiosは、4月にミッションとバリューを策定し、開発体制を変更しました。この記事では、ミッション・バリューの策定プロセスや、開発体制を変更した目的について紹介します。 ミッション・バリューを決めることになった理由 G2 Studiosには「アソビ創造集団。」という、2018年5月の設立と同時に掲げたビジョンがあります。メンバー一人ひとりがゲーム創りに熱狂することで、ユーザーのみなさまに喜んでいただけるゲームを提供し、社員も楽しみながら成長していくことができる会社

スキ
24