マガジンのカバー画像

G2×CREATIVE

39
新たな技術や表現手法を追及する開発での学びを紹介します。
運営しているクリエイター

#ゲーム

3D×Unreal Engineで広がる表現手法の可能性!3Dアクションゲームの研究開発

G2 Studiosの3Dチームでは、Unreal Engineを採用した3Dアクションゲームの研究開発に取り組んでいます。今回はG2 Studiosが研究開発に取り組むことなった経緯や、3Dチームの研究開発の内容を、G2 Studios代表桜井と3Dチームリーダー澤井へのインタビューを通してお伝えします。 写真右:G2 Studios代表 桜井 写真左:3Dチームリーダー澤井 3Dチームが研究開発に取り組む理由 桜井: デバイスの性能と通信環境の向上に合わせて、ゲーム

スキ
28

【アートチーム研究開発】Spineを活用したリアルタイムアクションゲーム~エンジニアによる設計編~

今期、アートチームではMV(R)P アーキテクチャをベースにクリーンアーキテクチャの設計思想を取り入れ、クライアントメンバーでディスカッションしながら、再利用しやすく、変化に柔軟な設計にするための大規模なリファクタリングと、格闘機能のブラッシュアップを実施しました。 キャラクターモーション編に引き続き、今期新たに研究開発にジョインしたクライアントサイドエンジニアのみそスープから、研究を通してもっとも効果の大きかったものをお伝えします。 はじめに はじめまして!アートチーム

スキ
31

【アートチーム研究開発】Spineを活用したリアルタイムアクションゲーム ~新卒1年目によるキャラクターモーション編~

アートチームでは今期もプロジェクト横断業務と並行して業務の20%を使ったアクションゲームの研究開発を進めてきました。α版は少人数で短期間でのモックアップ制作を進めてきましたが、β版では参加メンバーを増やし、格闘システムのブラッシュアップとキャラクター追加を試みました。 今回は、2019年11月に公開したα版制作時の記事に引き続き、新たにジョインしたメンバーにフォーカスし、「新卒1年目によるキャラクターモーション編」と「エンジニアによる設計編」の2回に分け、研究を通して学んだ

スキ
24

見た目で世界観を作るシェーダーの基礎知識について

こんにちは。2018年新卒入社のクライアントサイドエンジニアA.Hです。G2 Studiosには、月の業務時間の15%までを研究開発に充てることができる「G’try」(ジートライ)という制度があります。この制度を使って「シェーダー」について勉強してみたので、学んだことを紹介していきます。 シェーダーに興味をもったきっかけ 学生時代の卒業制作でシェーダーを触る機会があり、ゲームに馴染むアニメ調の絵作りをすることに面白さを感じ、シェーダーに興味を持つようになりました。 入社

スキ
30

G2 Studiosの新たな柱に!3Dチームが取り組むR&D

※この記事は2019年6月に公開したものです。 2019年1月に新たに立ち上がった3Dチーム。チームの強化を図りながら、今年度から更なる挑戦を始めました。3Dチームが目指している未来、そして現在取り組んでいるR&Dについて紹介します。 インタビューしたのはこちらの3名 ※写真左から紹介 T.S/アート セクションリーダー 2018年中途入社。web会社でFlash制作に携わり、ゲーム業界へ転職。ソーシャルゲーム、ネイティブアプリ、VRゲームなどに携わる。G2 Stud

スキ
28

G2 Studiosの2019年を振り返る、人気ブログ記事まとめ

※この記事は2019年12月に公開したものです。 2019年に発信したブログ記事は41本。その中から特に多くの方に読んでいただいた記事を、「新卒採用」・「組織」・「働き方」・「技術開発」という4つのカテゴリに分けてご紹介します。 新卒採用について G2 Studiosの人材育成に関する取り組みや、新人賞を受賞した社員を紹介しているブログが人気でした。G2 Studiosに興味を持っていただいている学生の皆さんは、ぜひまずはこの4記事を読んでみてはいかがでしょうか。 組織

スキ
10